ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

屋外プログラム~冬バージョン~のご紹介

ふせぎ隊の屋外プログラム~冬バージョン~のコンテンツの一部をご紹介します。

雪壁作り~寒さを防ぐ工夫~
足湯を囲むように大きな雪壁を作りました。
かまくらも同じですが、風を防ぐだけで、かなり寒さが違います。
冬の森での足湯には必需品です!
20170426-45

20170426-46

20170426-47


足湯の準備~薪をエネルギーとしてお湯を沸かそう~
足湯に使うお湯の準備をします。水や薪はみんなで協力し合いバケツリレーで運びました。(そりを使って運んだ回もありました)沸かしているお湯に触れてみることで、冷たかった水が薪をエネルギーとしてお湯に変わっていく様子がわかります。薪からお湯をつくる大変さやありがたさを感じたようです。
20170426-48

20170426-49

20170426-50

20170426-51

20170426-52

20170426-53

20170426-54


越冬野菜の収穫体験
昔ながらの雪の下に埋めて保存する越冬野菜の収穫を体験しました。雪を掘って、ようやく発見したじゃがいも!雪の下に保存すると甘さが増して野菜が美味しくなることを知りました。
20170426-55

20170426-56

20170426-57


冬の木の不思議~冬芽の解剖~
冬の木は春を迎える準備をしています。
樹木医と一緒に落ちている枝から採取した冬芽の中はどうなっているのか観察していきます。
冬芽に触れたことで、木のたくましさを感じるとともに木を大切にする気持ちが芽生えた子が多かったようです。
20170426-66

20170426-67

20170426-68


冬の井戸からの水汲み体験
井戸から水を汲み上げ、足湯の一部として使いました。
地面の下の水は凍らないことを発見しました。
20170426-69


冬の中の宝探し
雪の中に何かを隠すという雪国ならではのお楽しみです。
長い冬を楽しく過ごすことは大切ですね。
20170426-70


そりリレー
こちらも雪国ならではのお楽しみです。
力いっぱいそりを引っ張って走ると、すぐに体が温まります。
20170426-71


足湯体験
温かい足湯に入ると心も体もぽかぽかになります。
みんなで力を合わせて作った足湯だからこそですね。
蛇口をひねるとお湯が出てくる今の生活の便利さにも気づいたようです。
20170426-72

20170426-73

20170426-74

20170426-58


会場や対象などによって、様々な内容のコンテンツを実施しました


屋外プログラム~夏&秋バージョン~のご紹介

ふせぎ隊の屋外プログラム~夏&秋バージョン~のコンテンツの一部をご紹介します。

森の探検
木に触れて観察してみると、木のことがもっと知りたくなります。
自分のお気に入りの木を見つけた子もいました!
木や森、そして自然にたくさん触れることができました。
20170426-7

20170426-8

20170426-9


木の赤ちゃんさがし
森の中には、実は木の赤ちゃんがたくさんいます。探し方のポイントがわかると、すぐに見つけられるようになります。気の種がどうやって遠くへ移動しているのか、そして、どうやって大きな木に成長するのかなど、ドラマチックな木の物語も聞くことができました。
20170426-10

20170426-11

20170426-12

20170426-13


一番古いものをさがせ!
私たちの身の回りの物の「時間」と森の「時間」を対比してみました。
大きな木の年齢を数えた子どもたちはびっくり!
「時間」を通して、色々な物を長く大切にする気持ちに気づいてくれたようです。
20170426-14

20170426-15

20170426-16


野菜の雑草抜きと収穫
夏に高学年の子どもたちが雑草抜きをしてくれた畑で、秋にはニンジンを収穫しました。美味しい野菜を育てるヒミツや農家の人の野菜を育てる思いも聞くことができました。
ニンジンを食べた感想は・・・。今まで食べたことがないくらい甘くて美味しいニンジンだったそうです。
20170426-22

20170426-24

20170426-26

20170426-25


薪割り体験と木の伐採見学
木を伐採する理由や薪を作る人の思いを聞きました。
油圧式薪割り機を使った薪割りにも挑戦しました。
20170426-27

20170426-28

20170426-29


木の円盤キーホルダー作り
自分で磨いて作ったキーホルダーは宝物です。
みんな大切そうに持って帰りました。
20170426-30

20170426-31


養蜂体験
養蜂家さんのお話を聞いて、養蜂体験をしました。
とれたてハチミツの味見では、あまりの美味しさに歓声が上がっていました。
20170426-32


20170426-33


井戸掘り体験と井戸水汲み体験
夏に高学年が掘るのを手伝ってくれた井戸が完成したため、ポンプを使って水を汲んでみました。
蛇口をひねると水が出てくる水道はとても便利なものだと感じたようです。

20170426-34

20170426-35


他にも会場や季節、年齢層に合わせた様々なコンテンツを実施しました


活動報告★みて!ふれて!ひみつの森でのメラメラ冒険隊&おもしろ探検隊(冬)in石狩創作の家 ~エルムの森児童会館~ その4

実  施  日:2017年3月4日(土)10:00~5日(日)15:00
実施会場:石狩市美登位創作の家、はるきちオーガニックファーム
実施団体:公益財団法人北海道環境財団、NPO法人ezorock
参加者数:札幌市エルムの森児童会館
             ①メラメラ冒険隊(4~5日の一泊二日)小学6年生児童16名
             ②おもしろ探検隊(5日のみ)小学2年~6年生児童20名
 ※5日の「おもしろ探検隊」については、①+②の合計36名が参加
ポイント:8月から継続的な活動を行ってきた「メラメラクラブ」の子どもたちを対象として、ふせぎ隊初の宿泊事業を行いました。クラブ活動の集大成となる活動のため、今までの経験を生かして、大人スタッフと同様に前日の会場設営や準備、当日のグループリーダーなどの役割を担ってもらい、事業を盛り上げてもらいました。
メラメラクラブ員の小学6年生が参加する一泊二日の事業は「メ ラメラ冒険隊」、2日目の小学2年~6年生が日帰りで参加する事業は「おもしろ探検隊」として2つの事業を合わせた形で実施しました。
 ※メラメラクラブとは8月より活動を開始している子どもスタッフ育成を目的としたクラブ活動です。

今回は、(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です


「みて!ふれて!ひみつの森でのメラメラ冒険隊&おもしろ探検隊(冬)in石狩創作の家 ~エルムの森児童会館~その3のつづきです。


はるきちオーガニックファームエリア


ミッション3:はるきち畑の夏の思い出をさがせ!
20170305-33
夏に割った薪を探し出します。
20170305-34

20170305-35
夏に掘った井戸も掘り出して水を汲みます。


ミッション4:はるきち畑の冬野菜トレジャー!!
20170305-36
この広い畑のどこに冬野菜が埋まっているのかな・・・。
20170305-37
掘って掘って・・・。
20170305-38
堀りまくって・・・。
20170305-39

20170305-41
見つけた越冬野菜は「じゃがいも」
20170305-40
掘った穴にもすっぽり・・・

20170305-43
ミッションに参加した後は、集めた雪だるまのパーツをつけに行きます
20170305-44
これは何につかうのかな?
20170305-45
一番最初は、帽子をかぶせてくれました。
20170305-46
最後はこんな感じに・・・。
20170305-47
可愛くなって完成
20170305-48
雪だるま完成後は、午後から使える「おたのしみチケット」が入ったプレゼントがもらえます

12:15 昼食
20170305-49

20170305-50


13:00 午後のお楽しみ活動 
①足湯体験、②宝さがし、③ひみつの森のスノーバトルorひみつの森の手術室~冬の木のひみつ~
※グループごとに①~③の活動に挑戦するが、③についてはいずれか一つを選んで挑戦します。

20170305-51

20170305-53

20170305-54

20170305-52
足湯体験。気持ち良さそう~

20170305-55

20170305-56

20170305-57
雪の中での宝さがし

20170305-58

20170305-59

20170305-60

20170305-61
体もポカポカ、スノーバトル

20170305-63

20170305-62
ひみつの森の手術室。冬芽の解剖をしています

14:00 グループタイム
お楽しみ活動終了後は、最後のグループタイムとして、ゆっくりと感想発表やメッセージの交換を行いまいした。

20170305-64

20170305-65

20170305-66

20170305-67

20170305-68
たっぷり時間があったので、メッセージもたくさん交換しました

14:45 また合う日まで(おわりの会)

20170305-69

20170305-70

20170305-71

20170305-72
グループのリーダーが感想を発表してくれました。
みんないい顔していますね
20170305-73

20170305-80
雪だるまと記念写真を撮影して・・・。

20170305-74

20170305-76
いよいよ、お別れです。

15:00 創作の家出発
20170305-77

20170305-78

20170305-79
みなさん、さようなら~
また会いましょう~



後日・・・。6年生児童の「活動ふりかえり会」にお邪魔してきました。

20170305-81

20170305-82

「グループのみんなをまとめることができた。」
「下級生をしっかりとまとめられた。」
「みんなで協力できた。」

「もっと早く寝ればよかった。そうすれば、もう少し動きがキリッとしたかもしれない。」
などなど、色々な感想や反省を発表してくれていました。

今後、中学校へ行っても高校へ行っても、大人になっても、楽しかった思い出と共に、今回経験したことを思い出し生かしていって欲しいなぁと思います。

そして、参加した低学年のみなさんの反応は・・・。

「楽しかった!!」と言ってくれていたようです!
越冬野菜は甘くなるというヒミツを思い出して雪の中にじゃがいもを埋めてみたり、トイレの電気のつけっぱなしがなくなるように表示をつけてくれたり・・・という変化も見られているそうです。
うれしいですね~。


ご参加、ご協力いただきました札幌市エルムの森児童会館のみなさま、本当にありがとうございました。
そして、子どもスタッフとして大活躍してくれた6年生のみなさん、おつかれさまでした~