ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

活動報告★みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊in滝野の森

実  施  日:2018年3月3日(土)
実施場所:国営滝野すずらん丘陵公園 滝野の森ゾーン 西エリア
共  催:SPAC滝野管理センター
参加人数:親子3組8人(大人3名、子ども5名)
実施内容:森の散策、アカゲラの巣探しなど


今回は(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です


前日まで悪天候が続き、開催が心配されましたが、当日は風もなく穏やかな天気。
気温も上がり、春を感じる暖かい中での事業実施となりました。

9時半、森の情報館集合です。

20180303 (1)

今回もSPAC滝野管理センターとの共催事業です。
若き樹木医テツ先生を講師に招き、「森の大工アカゲラの音をさがせ!」として、冬しか入れないアカゲラの森を散策しました。
森には不思議がいっぱい!

20180303 (45)
木の不思議は樹木医テツくん

20180303 (3)
森の不思議は滝野のスタッフ


20180303 (13)
鳥の不思議はふせぎ隊のY隊長

がお話していきました。

スノーシューをはいての探検のため、ふせぎ隊だけでなく、滝野やNPO法人ezorockのボランティアスタッフにも活動をお手伝いいただきました。

午前中の主な活動は森の探検!

森の大工さんであるアカゲラ。
木をつつく音で会話をしています!
子どもを育てる家や寝る場所、餌を取る時に木に穴を彫ります!
まさしく大工さんです!
そんな森の大工さんを探しに、探検に出発です!

森の中は雪深いため、長靴では前に進めません。
そのため、大人も子どももスノーシューをはきます。

準備が整い試合、一列に並んで森を目指します。

20180303 (2)
スノーシュー装着

20180303 (4)
出発進行~

20180303 (5)
子どもたちの後ろに大人が続きます。

20180303 (6)
森へむかって・・・。

20180303 (7)
どんどん歩き・・・。

20180303 (8)
森の中へ入っていきます。

「どんな木が良い音するの?」
「どんな木にも穴が掘れるの?」

20180303 (9)
アカゲラの気持ちになって木に触れることができるように、鳥のくちばしに見立てた木の棒を一人一本ずつ渡します。

20180303 (10)
「コンコン」アカゲラの気持ちになって、優しく叩いてみます。

20180303 (46)
樹木医テツ先生がアカゲラの好きな木のポイントをみんなにアドバイス!

20180303 (11)
「コンコン」「コンコン」木を叩く音が森に響きます。


20180303 (19)

20180303 (20)
時折、陽も差す中、雪山を上ったり下ったり・・・。
パワフルな子どもたちは、真っ赤な顔で元気いっぱい!

巣穴をみつけると、みんなに声を掛け、木を観察します

20180303 (16)
巣穴発見!
ちょっと高い場所にあるので、穴の中はのぞけません。

20180303 (35)

20180303 (21)
不思議に思ったことは、どんどん質問します!

20180303 (14)
遠くも!

20180303 (15)
上も要チェック!!


20180303 (23)
とってもいい音がなる木を見つけたり・・・。

20180303 (28)
木のツルのターザンロープを楽しんだり・・・。

20180303 (36)
可愛い雪ダルマを作ったりしながら・・・。

20180303 (25)
探検は続きました


最終目的地点はこの巣穴!!
20180303 (29)

20180303 (30)

20180303 (34)
のぞくには高いので、みんなで大きな雪だまをつくり、土台にします。


20180303 (31)
それでも子どもたちには見えません。

スタッフが持ち上げ、秘密道具の鏡とライトを使って覗いてみます。


20180303 (32)
見えるかな~。

20180303 (33)
あっ、見えたーー


かなり起伏のあるコースを探検したので、大人も子どもも少し疲れていたため、午後からは屋内の体験中心に活動しました。

穴がたくさん開いた木の調査。
男の子たちに大人気

20180303 (37)

20180303 (38)

20180303 (47)
ライトや鏡を使って、調査します!
大人も子どもも夢中です!

好きなことに取り組む時の子どもたちの集中力ってすごいですね
将来は博士になりそうな予感です。

20180303 (48)
木の話だったり・・・。
※写真は木の太さから年齢を考える方法をお話しています。

20180303 (40)
鳥の骨の標本の観察だったり・・・。

20180303 (39)
木の絵本を読んだり・・・。

それぞれが興味のあることに取り組みました。

20180303 (41)
アカゲラの絵を描いてくれた子もいました。

20180303 (49)
コケの生えた木にアカゲラがいます

森の探検で感じたことが絵に表現されています。
素晴らしいですね。

みなさん、森の大工さんと呼ばれるアカゲラに少し興味を持っていただけたのではないでしょうか。
木や森、アカゲラなど、それぞれが興味を持ったことは違うと思いますが、大人も子どもも、思う存分、自分の好きなことに取り組むことができていたようです!

子どもの頃の経験は、短い時間であったとしても、そのまま将来の夢につながる場合もあります。

たくさんの可能性を秘めた子どもたちが、新たなことに興味を持つきっかけとなり、素晴らしい自然を・・・そして豊かな地球を守っていきたいと思う第一歩になってくれているといいなぁと思います。


これからの季節、あちこちの森でアカゲラの音が聞こえると思います。
そっと、森の音に耳を傾けてみてくださいね。


ご参加いただきましたみなさん、ありがとうございました



20180303 (44)














お知らせ★みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊in滝野の森

今年度最後の親子向けイベント開催のお知らせです
今回は樹木医テツ先生と一緒に、 森の大工“アカゲラ”の音をさがしに行きます。
秋にも予定していた「おもしろ探検隊in滝野の森」。
たくさんの方にお申し込みいただき開催を楽しみにしておりましたが、滝野すずらん丘陵公園のクマ出没情報のため、残念ながら中止とさせていただきました。
そんなこんなで・・・。
いつも以上に、スタッフ一同、はりきっています

詳しくは下記をご覧ください。
皆様のお越しをお待ちしております
※申込必要 2月3日(土)より


日 時 :
2018年3月3日 (土) 10:00~15:00
※うけつけは、9:30より開始

会 場 :
国営滝野すずらん丘陵公園 滝野の森ゾーン西エリア

内 容 :樹木医「テツくん」と一緒に、夏は草木に覆われていて、入ることができない冬の森で探検をします。
冬の森には魅力がいっぱい!!
アカゲラや冬の森の不思議をみつけにきます!

集 合:
滝野の森「森の情報館」※各自お越しください。

持ち物:
・冬の屋外で活動できる装備
・長靴
・お弁当
・温かい飲み物
・替えの手袋&靴下
※詳しくは、お申込後にご案内いたします。

参加費 :一人 100円(保険代込み)
※但し駐車場代を各自ご負担ください。(普通車:410円)
※入園料は冬季無料です。(12月23日~3月31日)

対 象 : 小学生親子

定 員 : 先着10組 (事前申し込み必要)

※2月3日(土)より専用フォームにて受付開始
※実施詳細については、お申込後にご案内いたします。

お申し込みフォーム
http://heco-spc.or.jp/husegitai/form.html


詳しくはチラシをご覧ください。
チラシダウンロードPDF(1.2mb)









お問い合わせは・・・。
公益財団法人北海道環境財団
担当:山本・鈴木
TEL:011-218-7811

活動報告★帯広市啓親児童保育センター

実  施  日:2018年1月17日(水)
実施場所:帯広市啓親児童保育センター
参加人数:小学生児童65名 (1回目:31名、2回目:34名)
実施内容:ブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」  
パズルで世界のここが変!    
温暖化の原因や影響と私たちの生活について
よりどりみどりクイズラリー2017
ペープサート「はちどりのひとしずく」


帯広市内の小学校は、まだ冬休み中!
参加してくれたのは、朝から学童クラブを利用している元気な子どもたちです。
在籍数が多いため、同じプログラムを2回実施、半数ずつ参加してもらいました。
1回目は女の子、2回目は男の子の参加が多かったので、同じ学童の子どもたちでも違った雰囲気での実施となりました。(反応の違いがおもしろかったです)

まずは、ブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」です。
地球が誕生してから今までのストーリーをブラックライトを使用した神秘的な雰囲気のパネルシアターで見てもらいます。
いつものことながら、先生が登場すると、子どもたちはとても嬉しそう!

20180117 (1)
ブラックパネルシアター 神秘的な雰囲気です!

その後は、グループで取り組むパズルです。
世界中で起こっている「困ったできごと」について、考えてもらいました。
低学年が中心でしたが、どのグループもチームワーク抜群!
グループで相談・協力しながら、取り組むことができていました。

20180117 (2)
パズルで世界のここが変!ルール説明

20180117 (3)
パズルは完成かな?

20180117 (4)
全体の様子。グループごとに輪になっています。

いつも驚かされる「物知り博士」が、今回も数名ずついました!!
「本が好き!」と言っていましたが、興味があることは、しっかりと記憶に残るんですね。
地球の歴史で全球凍結が出てくると、「あっ、スノーボールアース!!」と叫んでいる子もいました。

どうして世界中で困ったことが起こっているの?
地球があたたかくなっていることが原因?
わかりやすくお話していきました。

20180117 (5)
温暖化の話

地球があたたかくなるのを防ぐために、自分ができることってどんなことかな?
クイズの内容は、生活の中で「自分ができることを考えるきっかけ」に、つながるもの!
こちらもグループで協力しながら進めていきました。
クイズは全部で4問。

みんなで協力して取り組む姿が印象的でした。

クイズ1
生活の中での「もったいない」を見つけます。
20180117 (6)
みんなで相談中!!

クイズ2
水の使い方を考えます。
20180117 (13)
こちらも相談中!!

クイズ3
食べ物の旬について考えます。
20180117 (14)
みんな、旬って、知ってるかな?

クイズ4
最後のメッセージの言葉を探します。
20180117 (9)
ジャンケンに勝つと、答えにつながるアイテムが貸してもらえます。

答え合わせの時間。

毎日の生活の中で、「エネルギー」や「水」、「食べ物」のもったいないをしっかりと見つけることができていました。

20180117 (11)
食べ物の「もったいない」について説明中!

20180117 (10)
エネルギーや水の「もったいない」について説明中!

好きなことを我慢するのは大変ですが「もったいない」をなくすことは簡単だということに気づいてくれたようです。

最後に、ペープサート「はちどりのひとしずく」の短いお話をして、まとめとしました。

20180117 (12)
ペープサート「はちどりのひとしずく」

ご参加・ご協力いただきました帯広市啓親児童保育センターのみなさん、ありがとうございました!