ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

活動報告★えべつ環境広場2017に出展しました!!

イベント名:えべつ環境広場2017
日   時:2017年6月17日(土) 10:00~15:00
場   所:江別市野幌公民館
実施内容:電気な人はだれ?、水のすごろく、エコミッケ~冬の生活編~


みなさん、こんにちは
今年度はじめてとなるイベント出展が無事に終わりましたので、その様子をご報告します

久しぶりに朝から天気がよく、気持ちの良い青空が広がっていました。
会場となった「江別市野幌公民館」は大きな木々に囲まれているので、新緑が眩しい中での実施となりました。

20170617-3

例年出展させていただいているイベントとなりますが、今回で27回目の開催となります。
そのため、江別市民の皆様にとっては馴染みのあるイベントなのではないかと思います。
リピーターの参加も多く、年々成長していく子どもたちに会えるのも楽しみの一つでもあります。

20170617-1


体験ブースや映画の上映、講演会などの他に1日2回開催される抽選会もイベントの目玉の一つです。抽選会は出展ブースでもらえるスタンプを集めると参加できるシステムになっています。ふせぎ隊コーナーでは、プログラム一つに参加するとスタンプを一つ押していたため、開始直後からスタンプを集める参加者で賑わっていました。
ただ、後半はスタンプ目的ではなく、嬉しいことに純粋にもう一度プログラムに参加したいという子どもたちが集まり、同じプログラムに挑戦してくれる姿も見られました。

一番人気は、今回も「水のすごろく」です

20170617-2

汚れた湖がきれいになっていく過程を例に、色々な生き物がいることの大切さを感じ、「水」や「水辺の生き物」と私たちの生活とのつながりを考えるきっかけになるような内容で構成されています。
パチンコやクイズ、すごろくのマスに書かれている内容により、水をきれいにする生き物(微生物や幼虫、植物など)がもらえます。

20170617-4

水をきれいにする生き物が集まると、少しずつ水がきれいになり、きれいな水にすむ生き物が増えていきます。
たくさんの子どもたちに、楽しみながら、水をきれいにする大切さを感じてもらうことができたのではないかと思います


ご家族で来場されている方も多く、ふせぎ隊コーナーも参加者が途絶えることがなく、最後まで賑やかな雰囲気で行うことができました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました








「2016年度地球温暖化ふせぎ隊活動報告書」が完成しました!


みなさん、こんにちは
たくさんの子どたちの笑顔に出会えた2016年度の活動内容をまとめた「2016年度地球温暖化ふせぎ隊活動報告書」が完成しました。
各ページには、写真をたくさん使用し、事業の様子をお伝えしています。
その内容を少しご紹介します


【表 紙】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_1



【1~2ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_2



【3~4ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_3



【5~6ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_4



【7~8ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_5



【9~12ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_6



【13~14ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_7



【15~16ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_8



【17~18ページ】
2016報告書_WEB 書き出し用_ページ_9



2017年度も北海道内各地域の子どもたちに、たくさんのメッセージを伝えていきたいと思っています
みなさんの笑顔にお会いできるのを楽しみにしています

2017年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

※2017年度の出前環境教室の申し込みを開始しております。
ご希望の方は、下記までお問い合わせください。



 お問い合わせ先 
公益財団法人北海道環境財団  
TEL:011-218-7811
(担当:山本、鈴木)








屋外プログラム~冬バージョン~のご紹介

ふせぎ隊の屋外プログラム~冬バージョン~のコンテンツの一部をご紹介します。

雪壁作り~寒さを防ぐ工夫~
足湯を囲むように大きな雪壁を作りました。
かまくらも同じですが、風を防ぐだけで、かなり寒さが違います。
冬の森での足湯には必需品です!
20170426-45

20170426-46

20170426-47


足湯の準備~薪をエネルギーとしてお湯を沸かそう~
足湯に使うお湯の準備をします。水や薪はみんなで協力し合いバケツリレーで運びました。(そりを使って運んだ回もありました)沸かしているお湯に触れてみることで、冷たかった水が薪をエネルギーとしてお湯に変わっていく様子がわかります。薪からお湯をつくる大変さやありがたさを感じたようです。
20170426-48

20170426-49

20170426-50

20170426-51

20170426-52

20170426-53

20170426-54


越冬野菜の収穫体験
昔ながらの雪の下に埋めて保存する越冬野菜の収穫を体験しました。雪を掘って、ようやく発見したじゃがいも!雪の下に保存すると甘さが増して野菜が美味しくなることを知りました。
20170426-55

20170426-56

20170426-57


冬の木の不思議~冬芽の解剖~
冬の木は春を迎える準備をしています。
樹木医と一緒に落ちている枝から採取した冬芽の中はどうなっているのか観察していきます。
冬芽に触れたことで、木のたくましさを感じるとともに木を大切にする気持ちが芽生えた子が多かったようです。
20170426-66

20170426-67

20170426-68


冬の井戸からの水汲み体験
井戸から水を汲み上げ、足湯の一部として使いました。
地面の下の水は凍らないことを発見しました。
20170426-69


冬の中の宝探し
雪の中に何かを隠すという雪国ならではのお楽しみです。
長い冬を楽しく過ごすことは大切ですね。
20170426-70


そりリレー
こちらも雪国ならではのお楽しみです。
力いっぱいそりを引っ張って走ると、すぐに体が温まります。
20170426-71


足湯体験
温かい足湯に入ると心も体もぽかぽかになります。
みんなで力を合わせて作った足湯だからこそですね。
蛇口をひねるとお湯が出てくる今の生活の便利さにも気づいたようです。
20170426-72

20170426-73

20170426-74

20170426-58


会場や対象などによって、様々な内容のコンテンツを実施しました