ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

活動報告★西当別子どもプレイハウス

実  施  日:2018年9月3日(月) 13:00~15:30
実施場所:当別町立西当別小学校敷地内
       はるきちオーガニックファーム
参加人数:西当別子どもプレイハウス 小学生児童45名
実施内容:ブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」  
       みんなで薪割り!
       畑マスターになろう!
         樹木医体験してみよう!   

今回は(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です

当別町内にある西当別子どもプレイハウスの子どもたちを対象に屋外プログラムを実施してきました。
昨年度は冬の屋外プログラム実施の予定が、吹雪のため、短縮バージョンに変更
今年度は秋にリベンジすることになりました

午前授業のこの日、昼食後、すぐにプログラムをスタートしました。

今回のテーマは「時間」。

まずはブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」で、地球が誕生してから今までの歴史について話をしました。自然豊かな今の地球になるまでの壮大な生き物の進化を感じてもらいました。

20180903 (1)
まずは室内で・・・。

20180903 (2)
今回の講師もこの2名!!
木こりのくまちゃんと樹木医のテツくん

その後、2つのエリアに分かれて色々な体験に挑戦!
西当別小学校のグラウンド周辺では、「樹木医体験してみよう!」を行いました。

◆樹木医体験をしてみよう!
樹木医テツ君と一緒に、診断書(今回のイベント用)を使い、実際に木の診断をしていきます。
グループごとに、診断する木を決めてスタートです。
木の名前は?
太さは?
高さは?
形は?
葉っぱの多さは?
病気や虫食いは?
木の幹を叩いた音は?

20180903 (4)
診断書はこんな感じ
20180903 (3)
診断書の使い方について説明を聞きます。
20180903 (5)
木の太さはを測ります!
20180903 (7)
木の葉っぱの色は?
20180903 (8)
木の音は?
20180903 (9)
実際に木を叩いて聞いてみます。
20180903 (10)
診断結果はどうだったかな?

はるきちオーガニックファームでは「薪割り体験」と「畑マスターになろう」に挑戦しました。

20180903 (11)

◆薪割り体験!
木こりのくまちゃんの指導の下、油圧式薪割り機で薪割りを行います。
楽しい体験活動を通して、私たちは自然の恵みを受けて生活していること、木が燃料に変わることを伝えました。

20180903 (12)
薪割りコーナーはこんな感じ
20180903 (14)
木こりのくまちゃんのお話
20180903 (15)
木材を運びます。
20180903 (17)
二人一組で挑戦!
20180903 (18)
最後は二人で力を合わせて、引っ張ります。

こうして、たくさんの薪を作りました

◆畑マスターになろう!
実りの秋を迎えつつある畑の中で、野菜や畑のとっておきのヒミツを知ることができるクイズを行いました。

20180903 (19)
畑へ移動
20180903 (20)
クイズスタート!
色々なクイズに挑戦しました!

みんな畑マスターになれたかな・・・?

地球の「時間」、木(森)の「時間」、畑の「時間」それぞれの「時間」を感じる中で、身の回りの物を大切にしたいという気持ちを持つきっかけになってくれていると嬉しいです。

ご参加、ご協力いただきました西当別子どもプレイハウスのみなさん、ありがとうございました




活動報告★帯広市広野児童保育センター・清川児童保育センター合同

実  施  日:2018年9月1日(土)
実施場所:帯広市立広野小学校敷地内
       広野神社
       ひろの100年の森
参加人数:広野児童保育センター13名
       清川児童保育センター13名
実施内容:
ブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」
薪割り体験
木工作(キーホルダー作り)
樹木医と楽しむ五感で感じる木と森


今回は(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です


帯広市内の2つの児童保育センターの合同行事として、屋外での環境教室を実施しました。

今回のテーマは「ひろのの豊かな自然はみんなの宝物。その宝物を守るために4つの修行に挑戦しよう!」


まずはブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」で、地球が誕生してから今までの歴史について話をして、自然豊かな今の地球になるまでの壮大な生き物の進化を感じてもらいました。

20180901 (1)
オープニング:スタッフ紹介

その後、2つのエリアに分かれて色々な修行に挑戦!
帯広市立広野小学校のグラウンド周辺では、「きこりの巻」と「たからの巻」に挑戦しました。

◆きこりの巻
木こりのくまちゃんの指導の下、油圧式薪割り機で薪割りを行います。
楽しい体験活動を通して、私たちは自然の恵みを受けて生活していること、木が燃料に変わることを伝えました。

20180901 (23)

20180901 (24)

20180901 (25)
みんなで協力して、たくさんの薪を割りました


◆たからの巻
木こりのくまちゃんが切ってくれた小さな木の円盤を使って、何年もかかって大きく育った木を、長い間、ずっと大切に使って欲しい・・・という思いを込めて、キーホルダー作りを行いました。

20180901(30)

20180901(31)
木の円盤を磨いて、世界に一つだけの自分のキーホルダーを作っていきます。
磨けば磨くほど、ピカピカになります。


広野神社とひろの100年の森では「ひみつの巻」と「ひろのの巻」の修行に挑戦しました。

20180901 (2)
広野神社とひろのの森まではバスで移動します!

◆ひみつの巻&ひろのの巻
2つの修行を分けずに一つの流れとして行いました。
樹木医テツくんの案内の下、身近にある自然に目を向け関心を持つきっかけとして、五感で感じる木や森を感じるプログラムをいくつか行いました。

まずは「視覚」。
森の中で人工物を探しました。中には自然の中に融けこんでしまうものも・・・。
目が慣れてくると、最初は見つからなかった蝉の抜け殻や虫を次々と見つけていました。
こんなに短い時間でも目が鍛えられるんですね!

20180901 (6)

20180901 (7)

20180901 (10)

20180901 (26)
蝉の抜け殻発見

次は「聴覚」。
森の中で自然の音を聞きます。
虫の音、風の音、鳥の鳴き声・・・。
耳を澄ますと色々な音が聞こえてきます。

20180901 (11)
目を閉じて自然の音に耳を傾けます。

次は「味覚」と「嗅覚」。
スモモの木があったので、その実を削って、香りを嗅いだり、少しなめてみたりしました!
実に鼻を近づけると、甘くて良い香りがします。
削った実を舐めてみた子は「すっぱーーーーい!」と顔をしかめていました。
普段食べている桃とは随分違ったようです。
樹木医さんは、木の健康を調べる時に、木の臭いを嗅いだり、舐めたりすることがあるそうです。

20180901 (4)
今日だけ特別・・・。一粒いただきます。


次は「触覚」。
一番大きな葉っぱをさがしたり、色々な種類の葉っぱを集めたり・・・。
実際に葉っぱに触れてみました。
1枚の葉といっても、色々な種類があります。
1つの枝にたくさんの葉がついているように見えているものもあります。
(これには子どもたちも驚いていました)
そうですよね。小さい葉っぱが一枚の葉だと思いますよね。

20180901 (15)

20180901 (14)

20180901 (18)

20180901 (21)

20180901 (17)
木なのか草なのか、迷うものもありました。
樹木医さんに色々と質問しながら、たくさんの種類の木の葉を集めていきました。



昔話に出てくる芝刈り体験もしました。
「おばあさんは川へ洗濯に・・・おじいさんは山へ芝刈りに・・・」の芝刈りです。
芝刈りは芝生を刈るのではなく、こんな風に小さな枝を集めることなんです!

20180901 (20)

20180901 (19)
夢中になって枝を集めます!
この時には「芝刈り」とは知らずに集めています。


プログラム終了後は、森にお礼をしてプログラム終了です。

20180901 (22)
ありがとうございました!


ひみつの巻とひろのの巻を体験する前に全員に木のイラストを描いてもらいました。
こんな感じです。

20180901 (27)
プログラム前

20180901 (28)
プログラム後

プログラム体験後にも描いてもらったところ・・・。
体験前と比べると、よく木を見ていることがわかります。


普段、何気なく見ている身近な自然の豊かさに気づき、その自然を守るために色々なお仕事をしている人がいることを感じてくれたようです。
これからも、広野そして清川の雄大な自然を大切にしていってくださいね。

20180901(32)
フィナーレでは、代表の子どもたちに感想を発表してもらいました。


ご参加、ご協力いただきましたみなさん、ありがとうございました。








活動報告★COOLCHOICEオホーツクinあそぼっくる

実  施  日:2018年8月4日(土)
実施場所:斜里町児童館「あそぼっくる」
参加人数:小学生児童 23名 
実施内容:
ブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」
パズルで世界のここが変! 
おはなし「今、地球に起こっていることと温暖化のつながりを知る」
エコミッケ10~冬の生活編~  
ブラックパネルシアター「自然豊かな知床そして地球を未来の子どもたちへ」


夏休み中の子どもたちが集まる斜里町児童館「あそぼっくる」で環境教室を実施してきました。
今回は「COOLCHOICEオホーツクinあそぼっくる」としての実施。
斜里町役場の方々にもプログラム進行のお手伝いをしていただきながら、1時間のプログラムを行いました。

豊かな自然の中で育った斜里の子どもたちは、人懐っこくて可愛い笑顔が印象的。
最初は緊張している感じがあったものの、少しずつ慣れてくると、積極的に手を挙げて発表してくれる子が多く、賑やかな環境教室となりました。



当日の様子はこちらから・・・

20180804 (3)
ブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」で豊かな地球と壮大な生命の進化を感じたあとは・・・。
(ごめんなさい。写真がありません)


20180804 (1)-2
パズルで世界のここが変!
世界で起こっている困ったできごとについて考えます。


20180804 (5)
おはなし「今、地球に起こっていることと温暖化のつながりを知る」
どうして困ったできごとが起こっているんだろう?


20180804 (2)

20180804 (6)
エコミッケ10~冬の生活編~
自分ができることを見つけられるかな?


20180804 (7)
ブラックパネルシアター「自然豊かな知床そして地球を未来の子どもたちへ」
この豊かな地球を未来の子どもたちへ渡していこう!


夏休みの一日、それぞれが自分でできることを考えるきっかけになってくれていると嬉しいなぁと思います。


ご参加、ご協力いただきました斜里町のみなさん、ありがとうございました。




おまけ・・・可愛いエピソード
「日本一高い山は?」の問いに
「斜里岳~!!」と元気に答えてくれた子もいました!
確かに大きいです

なんとも微笑ましい・・・。
人懐っこい斜里の子どもたちに癒されて帰ってきました。