ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

活動報告★当別子どもプレイハウス・西当別子どもプレイハウス

実施日:2017年12月25日(月)
実施場所:当別子どもプレイハウス   10:00~11:00
         西当別子どもプレイハウス  13:00~14:00
参加人数:当別子どもプレイハウス21名、西当別子どもプレイハウス38名
実施内容:地球誕生から今までの話
         木の不思議と時間
         薪割り体験など


今回は(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です


昨年もお伺いしている当別町内の子どもプレイハウスでの実施です。
2年続けての実施であるため、新しい試みの内容にも挑戦させていただきました。
西当別子どもプレイハウスは、ふせぎ隊事業「おもしろ探検隊in石狩創作の家」の拠点から近く、豊かな自然に囲まれています。
当別子どもプレイハウスは、大きな寺に隣接しており、たくさんの樹木を日頃から目にしています。
両施設共に、屋外のプログラム実施に大変適した環境でした。
地球の「時間」、木(森)の「時間」、物の「時間」それぞれの時間を感じる中で、身の回りの物を大切にしたいという気持ちを育むことをテーマとして、木の話や薪割り体験などを行いました。

当初、90分のプログラムで設定していたのですが、午後から悪天候になる予報。
午前、午後ともに60分のプログラムに短縮して実施し、全体の終了時間を早めました。
それでも、午後から実施の西当別子どもプレイハウスでは、猛烈な風が吹き始め、強風を避けられる場所を使いながらの実施となりました。

はじめに、地球が誕生してから今までの歴史に触れ、豊かな地球があるのは奇跡的なことであることを伝えます。
20171225 (1)

 その後、普段、何気なく見ている木や森の不思議について、樹木医テツ先生から話を聞きます。

20171225 (14)
樹木医テツ先生から出題です。
世界で一番、高い木は?

20171225 (11)
答えの発表です!!

20171225 (15)
次の問題は、世界で一番太い木は?
みんなで手をつないでみても・・・。
まだ足りない。

20171225 (3)
正解は・・・こんなに大きいのです。
なんと、直径15mもあるそうです!
すごいですね。


次のプログラムは、二つの活動から、どちらか一つを選んで参加してもらいます。
子どもたちには活動の紹介を見てもらい、どちらに参加するのか決めてもらいます。

20171225 (21)
薪割り名人、プレゼン中!!

 一つめは、薪割り名人くまちゃんと行う「薪割り体験」です。

二つめは、樹木医テツ先生と行う「樹木医のお仕事体験」です。

決まった後は、二つのグループに分かれて体験を開始します。
大きく偏ることなく、うまく分かれていました。


薪割り体験

初めて見る道具に、子どもたちも少し緊張した様子でしたが、いざ始めてみると、薪が割れる音が心地よく、楽しんで挑戦していました。
交代しながら、次々と薪を割っていきます。
薪割り名人は、もちろん、斧を使用した薪割りも得意です。
さすが、薪割り名人というパフォーマンスを見せてもらいました。

20171225 (4)
子どもたちが挑戦した油圧式手動式薪割り機
20171225 (5)

20171225 (6)

20171225 (12)


樹木医のお仕事体験

木は言葉が話せない・・・。
じゃ、調子が悪い木をどうやって見つけるのだろう。
木の健康状態を診断する方法について、教えてもらい、実際に体験してみます。

当別子どもプレイハウスでは、隣接するお寺の敷地内を使わせていただいたことで、樹齢80年程の木を診断してみました。
20171225 (18)

20171225 (7)

20171225 (8)
優しく叩いて、聞こえる音で状態を確認します。
子どもたちも音の違いを感じていたようです。
「元気な木はドの音がする!」
「元気じゃない木は・・・高いレかな。」
自分なりに聞き分ける方法を考えていました。

20171225 (16)
木の高さは、こんな棒を使って、測ります。
もう少し離れた方が、確認しやすいかな。

20171225 (17)
木の太さはメジャーを使って測ります。
他にも色々な道具を使うんですね。

西当別子どもプレイハウスでは、強風のため、残念ながら、予定していた学校林を使うことができず、玄関の軒下で木の円盤を使用した体験となりました。
20171225 (23)
木の高さを測る道具の説明。
実際に木の高さを測れるとよかったのですが、強風のため、断念。

20171225 (13)
虫眼鏡を使って年輪を数えてみます。
大きな円盤は数えるのに苦労していましたが、この木は100歳以上のようです!

20171225 (22)
木を叩くのも円盤を使ってお話します。

豊かな森を守っていくために、たくさんの思いを持って、色々なお仕事をする人がいることを感じてくれたようです。
体験の後は、プレイハウスの中での取り組みについて発表していもらいます。


当別子どもプレイハウスでは、2枚のイラストを使用して、先生が進行しながら学童の中でのもったいないと減らす工夫を発表してくれました。

20171225 (9)
当別子どもプレイハウスの発表

西当別子どもプレイハウスでは、部屋ごとに担当を分けて、子どもたちが発表してくれていました。
強風の中での発表は大変そうでしたが、みんなに聞こえるように大きな声で発表してくれていました。

20171225 (24)
西当別子どもプレイハウスでの発表

今後も、自分ができることを見つけて、「もったいない」をなくせる取り組みを続けていって欲しいと思います。

天気が良ければ、最後に木工作「木の円盤キーホルダー作り」をする予定だったのですが、今回は、悪天候のため、材料を先生に託し、日常活動で行っていただくことにしました。
木の円盤キーホルダーを用意してくれた、くまちゃんに作り方を紹介してもらいました。
それぞれの思いがつまったキーホルダーを完成させて、木が成長してきた時間と同じくらい長く大切に使い、時々、今回のプログラムを思い出して欲しいと思います。

20171225 (25)

20171225 (26)

20171225 (20)


冬の屋外事業は、いつも空模様とにらめっこ・・・。

 晴れると、素晴らしい景色に出会えるのですが、今回は、残念ながら強風との闘いになってしまいました。

それでも、子どもたちの表情を見ていると、環境が整えば、屋外での活動も良いものですね。

ご参加、ご協力いただきました当別子どもプレイハウス&西当別子どもプレイハウスのみなさん、ありがとうございました。





活動報告★サツドラFES2017が終了しました!!

11月23日(木・祝)と24日(金)に札幌ドームで行われた「サツドラFES」に参加しました
※サツドラFESは、ふせぎ隊の活動を応援して下さっているサッポロドラッグストアー様が主催のイベントです。
今回は、ふせぎ隊活動のPRを行うブース出展の他、初の試みとして、ステージ発表も行いました。
「HAPPY MAMA FESTA SAPPRO」同時開催ということもあり、会場内はファミリーの姿も多く、小さなお子さん連れの方にも優しいイベントになっていました。

まずは全体の様子
20171123 (11)

ふせぎ隊ブースはここ
20171123 (12)
「おもしろ探検隊」という水色の「のぼり」が目印です。


ブース内はこんな感じ
20171123 (1)
ブースでは、2016年度と2017年度の活動の様子をポスターで紹介しました。
「ステージ発表までのあゆみ」として、当日までの活動の様子についても紹介しました。

ブースの出展は23日と24日の両日行ったのですが、ステージ発表については、23日(木・祝)のみ行いました。

ステージ発表の会場はこちら
20171123 (20)
セミナーブースBというミニステージが用意された着席型のブースです。


ステージイベントは11:30~12:00までの30分間。
札幌市北区新琴似にある3つの児童会館にお手伝いいただき、総勢15名の子どもたちと一緒に『地球温暖化ふせぎ隊キッズショー♪みんな笑顔で!!うたあり!技あり!ecoクイズあり!』のステージタイムを行いました。
今回は、みんなお揃いのユニフォームを着用して、ステージを盛り上げました。


昔ながらの遊び「けん玉」のパフォーマンスを披露してくれたのは、新琴似小ミニ児童会館の「けんだまSTARS」の男子7人組のみなさんです。
ecoに関するクイズを担当してくれたのが新琴似西児童会館のみなさん、「私のeco発表」を担当してくれたのが新琴似児童会館のみなさんです。
事前に環境教室を体験している子どもたちは「ふせぎ隊キッズ」として、自信を持って、ステージに立ちました。

 ステージ発表までの活動の様子はこちらから
 20171123(25)

20171123(24)

 他にも応援団が

札幌市児童会館のキャラクターで虹の国からやってきた「にじりん」
20171123 (4)

20171123-2 (5)
可愛いにじりんは、子どもたちに人気です。


北海道の環境忍者「えこの助」
 20171123(27)
えこの助も親しみやすいキャラクターで人気!!

同じく北海道のリサイクルキャンペーンキャラクターの「くるりん・ぐりんちゃん」
 20171123(28)
ポケットに入っているのが、ぐりんちゃんです!

このメンバーで楽しいステージを繰り広げていきました。


集合した子どもたちは気合充分
少し緊張気味の子もいたようですが、準備を整えて、控室にて記念撮影
「みんな笑顔でがんばろうね~。」
20171123 (2)

 いよいよ、ステージ横で待機。
もうすぐ始まります!!
みんな、いい笑顔ですね~

20171123 (22)

20171123-2 (9)
会場には、たくさんのお客様がいらして下さいました。
用意した席は、ほぼ満席。
たくさんの拍手と声援の中、元気いっぱいにスタートしました。

まずは、ご挨拶とふせぎ隊の活動を少し紹介。

その後、「けんだまSTARS」のパフォーマンス発表です。

20171123 (5)

20171123-2 (3)

20171123-2 (1)

「リフティング」、「つるしとめけん」、「つばめがえし」、「はやぶさ」,「宇宙一周」、「大車輪」、「ムーンサルト」などの個人技も全員がきまり、大きな拍手に包まれました。

20171123 (6)

パフォーマンス後は、昔ながらのecoな遊び「けんだま」にどうしてハマったのか、けんだまへの思いなどをインタビューして聞いていきました。

20171123-2 (4)

Q:.どうしてけん玉クラブに入ったのですか?
A.:友達と先生に誘われた。

Q.:けん玉にハマったきっかけは?
A.:2年生の時に(今は5年生)昔あそびで、けん玉をやったら楽しかった。

Q.:けん玉をやっていて、よかったことは?
A.:自分でやっていても楽しいし、すごく集中できるから良かった。

などなど・・・。
元気いっぱいに発表してくれました


続いては、大人も子どもも楽しめるecoに関するクイズタイムです。
第一問は「エコミッケクイズ」です。

20171123 (7)

イラストに隠されている「もったいない」はいくつあるでしょう?
イラストを30秒みて、考えてもらいます。
答えは一人ずつ配布されたカラー折り紙を使用します。
4個だと思う人はピンク、5個だと思う人は青、6個だと思う人は黄色、それぞれに考えて、あげてもらいます。

ちなみに・・・。折り紙はこんな袋に3色入れて、みなさんにお配りしました
20171123-3 (6)


20171123 (8)

答え合わせでは、「もったいない」理由やなくす工夫についても紹介しました。

「見ていないテレビは消すようにしましょう」や「食べ残しはもったいないです」などなど…。

20171123-2 (6)

その後、発表メンバーが交代して、自分の生活の中での「もったいない」を子どもたち自身が描いたイラストと共に発表します。
可愛いイラストと元気いっぱいの発表に、会場も温かい雰囲気に包まれました。

可愛いイラストとエピソードはこちら
20171123-2 (14)
2年女子:私の生活の中でみつけた「もったいないもの」は、ティッシュを使いすぎることです。ジュースをこぼしたときなどは、ふきんで机をふきたいと思います。


20171123-2 (15)
2年女子:私の生活の中でみつけた「もったいない」は、お昼の明るい時に、電気をつけっぱなしにしたことです。これからは、明るい時には、電気を消すようにします。


20171123-2 (13)
2年女子:私の生活の中でみつけた「もったいない」は掃除機をたくさん使うことです。
おせんべいを食べる時など、ぼろぼろとこぼしてしまうので、こぼさないようにしたいと思います。 こぼした時はちゃんと手で拾います。


第二問は「長く大切に使っているものをさがせ」クイズです。

20171123-2 (7)

新琴似西児童会館で長く大切に使っているものを3つ紹介します。

1.体育室
 みんなが大好きな体育室!!
カタキやドッジボール、バスケに一輪車、なわとびやバトミントンなど、毎日元気に走り回っています。

2.百人一首
季節に関係なく、一年中楽しんできた百人一首です。小学生から大人まで、みんなで一緒にあそぶことができ、大人気です。児童会館対抗の大会に出ることもあります。

3.カプラ
 積み木みたいにしたり、迷路を作ったりと、色々な遊び方ができます。男女関係なく、みんなが大好きなあそびです。最初は白っぽい木だったのに、みんなが使っていくうちに黒くなってきってしまいました。

 一問目のクイズと同じく、お客さんには折り紙を使って答えてもらいます。
体育室だと思う人はピンク、百人一首だと思う人は青、カプラだと思う人は黄色の紙を上げてもらいます。
こちらはピンクが多かったようです。

20171123-2 (8)

正解は・・・。
ピンクの体育室でした。

その後は、子どもたち自身が長く大切に使っているものを発表してもらいます。
こちらは写真での紹介となりましたが、可愛いエピソードが飛び出してきました。

写真とエピソードはこちら
20171123-2 (10)
2年女子:私が大切に使っているものは、小さい時に使っていた「子供用のくれよん」です。
今も2歳の弟と大切に使っています。

20171123-2 (12)
2年女子:私が大切に使っているものは、前の家に住んでいた時に、おばさんからもらった「ぬいぐるみ」です。5歳のときから、大切に使っています。

20171123-2 (11)
2年女子:私が大切に使っているものは、「ふでいれ」です。
1年生の時から、大切に使っています。これからも大切にします。


ここからは、出演児童15名揃って、メッセージと歌の発表
「地球は未来からのかりものです。みのまわりの「もったいない」をなくして、いろいろなものを大切にしよう!」というメッセージを元気いっぱいに伝えました。

20171123 (9)

最後は「世界中の子どもたちが」を歌って終了です。
練習の時から、踊りをつけて歌っていた子どもたち。
本番でも、会場内に元気いっぱいの声を響かせていました。

20171123 (15)

出演した子どもたち自身が、そして、ご来場いただいたみなさんが「自分ができること」を考えるきっかけになってくれていると嬉しいなと思います。

20171123 (10)
ふせぎ隊キッズのみなさん、可愛い笑顔と元気いっぱいのパフォーマンス
ありがとうございました
そして・・・。
ご来場者いただきました皆様、最後まで温かい拍手とご声援をいただきまして、ありがとうございました。



おまけ1・・・・。

夕方からは、着ぐるみパレードが行われました。
北海道内各地のご当地ゆるキャラの他、各企業さんのキャラクターも勢ぞろい。
なかなか体験することのない雰囲気でした。
もちろん、にじりん、えこの助、くるりん・ぐりんちゃんも参加しましたよ
たくさんの方と触れ合えて、楽しかったです~

20171123 (13)

20171123-3 (5)

20171123-3 (1)

20171123-3 (2)



おまけ2・・・・。
出演した子どもたちは、最後に「えこの助」の軍手をもらって大喜び!
「なんかこれ、えこの助の匂いがする~。」
どんな匂いなんだろう・・・?

20171123 (23)










【イベントのご案内】サツドラフェスティバル2017にふせぎ隊が出展します!!

みなさん、こんにちは   
ふせぎ隊イベント出演情報です!!!

 イベント名:サツドラフェスティバル2017
 日   時:2017年11月23日(木・祝)、24日(金)
         10:00~17:00
 会   場:札幌ドーム
 内   容:ミニブースにて、ふせぎ隊の活動を紹介します

そして・・・。

なんと今回は、23日(木・祝)にステージ出演も行います。
「地球温暖化ふせぎ隊キッズショー みんな笑顔で!!歌あり!技あり!ecoクイズあり!」として、30分のステージタイムを行います。

出演時間:11:30~12:00 
       ※受付開始→11:10より整理券配布 (先着80名予定)

札幌市北区の新琴似児童会館、新琴似西児童会館、新琴似小ミニ児童会館の子どもたちが「地球温暖化ふせぎ隊キッズショー」としてステージ発表を行います。
昔ながらのecoな遊びで知られるけん玉で見事な演技を披露する新琴似小ミニ児童会館の「けんだまSTARS」の発表、新琴似児童会館と新琴似西児童会館の子どもたちによるecoに関するクイズタイム、全員での歌の発表など、盛りだくさん
ふせぎ隊キッズとして活動する子どもたちの活躍をぜひご覧ください。

「HAPPY MAMA FESTA SAPPORO」が同時開催しておりますので、親子で一日楽しめるイベントとなっております。


ご家族みなさんで遊びにきてくださいね~



詳しくは、サツドラFES2017のホームページよりご確認ください。
https://satudora-fes.jp/


同時開催の「
HAPPY MAMA FESTA SAPPORO」については、こちらからご確認ください。
http://happy-mama-fes.com/sapporo/



チラシはこちら

20171123