10月18日 七飯町大沼小学校5年生、2時間の授業です。

プログラムの流れは
『電気な人はだれ?』~『水の旅』~
『つながり並べ替えゲーム』~『水のすごろく』です。

『大沼にちなんで、水に関するものを』というリクエストに
この内容となりました。


まずは私自身初めて体験する『水の旅』。
プロジェクトウェットのプログラムを少しアレンジしています。
1451f07b.jpg






まずは、水がある場所9カ所を、イラストボードから見つけます。
その時に使ってもらうのがこちら・・・しずくちゃん♪
1bc04f35.jpg








女子に絶大なる人気を受けました。
自分で作りたい!!という子も。


答え合わせの後、さらにこの9カ所(海、川、湖・・・などなど)を
紙におこし、広げて置きます。

紙の上にそれぞれ置かれたサイコロをふって、書かれている
場所に移る。
ひたすらそれを繰り返します。

自分が『水のしずく』になるのです。

2b068d5e.jpg








子どもたちは走り回ります。全力疾走!!!


サイコロは、各紙に書かれている場所での水の滞在期間に
合わせ、出る目を調整しています。

そのため、『海』からはなかなか出られない。



地球にある『水』は長い年月をかけて、ぐるぐるとめぐっている。
はるか昔から地球上の水の量はかわらない。

そんな水がず~ときれいであってほしいね、ということを
お話します。


終了後は、みんなゼーゼーハーハー、息切れです。(笑)
それにもかかわらず、休憩時間もまったく休むことはありません。



早く次のやって~と目を輝かせていました。
カワイイ。

予定をくりあげ、次のプログラムへ進みます。
つづく・・・(し)