◆ 11月10日(月) 13:30~14:30 ◆
※今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です。

帯広から車で1時間半程の場所にある大樹町へ行ってきました。
今回参加してくれたのは、29名の1年生~5年生までえの学童保育所に通う子どもたち♪
この日は、学習発表会の振替休日のため、学校がお休みでした。
会場に到着すると、元気いっぱいの子どもたちが「こんにちはー!!」と可愛い挨拶で迎えてくれました。

準備を済ませて待っていると、グループごとに並んだ子どもたちが入場してきます。
全部で6グループの子どもたちが整列し、プログラムスタートです。

439fc851.jpg







今回は、ふせぎ隊イチオシのプログラム、「エコミッケ~つながり編(牛乳)~」と「つながり並び替えゲーム(牛乳)」「紙芝居:ハチドリのひとしずく」の流れで行いました。ただ、低学年が中心のため、少し簡単な内容に変更して実施しました。 まずは「エコミッケ~つながり編(牛乳)~」を行います。 ある村の様子が描かれたイラストの中からヒントの絵をたよりに「牛乳」の生産から「使い終わったあと」までの過程の各場面を見つけていきます。

bb71a875.jpg







早く見つける事ができるグループ、ゆっくりのグループ、それぞれにグループで協力しながら見つけていました。
高学年女子が中心となっているグループでは、低学年の子どもたちが探しやすいように、みんなにイラストを見せながら優しく声を掛けている、なんとも微笑ましい姿も見られました。

答え合わせ後は、それぞれの過程では「機械」や「エネルギー」、「人の手間」や「体力」など、どんなものがかかっているのか、個人で考えていきます。

4092be8c.jpg







子どもたち一人一人が一生懸命に考えている様子が伝わってきました。

その後、エコミッケでみつけた過程の各場面が、どんな風につながっているのか「つながり並び替えゲーム」をしながら考えていきます。

b7c40425.jpg







いつもは自分のイラストは見えないように背面につけていくのですが、今回は見えるように前面にかけていきます。低学年には、この方法が合っていたようです。

f28c9357.jpg








5d615c76.jpg






自分のイラストが見える事で、一人一人が楽しみながら考える事ができていたようです。あっという間に並び替えは終了!!
エコミッケで考えた事が生きていたようです。

3886e57d.jpg







身の回りの物が生産されてから手元に来るまで、そして使い終わった後には、たくさんのエネルギーや人の手間などがかかっている事、そして身の回りの物を大切にすることは地球を守ることにもつながっている事を伝えました。

最後に、紙芝居「ハチドリのひとしずく」の読み聞かせをしました。
今回の実施が、子どもたち一人一人が身の回りの物を大切にするきっかけになってくれているとうれしいなぁと思います。
ご参加いただいた大樹町学童保育所のみなさん、ありがとうございました。

★あ★