実施日時:2017年7月12日(水) 10:40~12:15
参加対象:小学校3年生2クラス
主な実施プログラム:パズルで世界のここが変!、温暖化についての説明、食べ物探偵団

今回は(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です

今年度、初めての環境教室実施です。
(後志総合振興局環境生活課職員2名との協働実施)
小学校3年生2クラス合同で90分のプログラムを行いました。

まず、温暖化が原因の一因ではないかと言われている世界で起こっている出来事をパズルにした「パズルで世界のここが変!」を行いました。
パズル完成後は、3年生なので、その出来事が自分の身の回りで起こったとしたら・・・?ということをテーマにグループで話し合いを行いました。
「困ることは?」
「良いことはあるかな?」
この2つについて意見を出し合ってもらいました。

倶知安小学校のみなさんは素晴らしいです。

自分の考えを発表することはとても難しいことですが、一人ひとりが思ったことを積極的にに発言し、しっかりと話し合いができていました。


20170712-6
もしもカード

20170712-2
発表の様子


グループでの話し合った内容は「もしもカード」に記入してもらい、代表のグループに発表してもらいました。
大きな声でわかりやすく、しっかりと伝えてくれており、大変素晴らしかったです。


その後は、温暖化のしくみや地球の歴史を行い、クイズ形式で自分ができることについて考えていきました。

20170712-3
温暖化の話


クイズでは、いくつかのメッセージを伝えていきました。

20170712-7
メッセージ1

20170712-8
メッセージ2

20170712-9
メッセージ3

20170712-10
メッセージ4

食べ物の旬についても、みんなで考えてみました。
「にんじん」「トマト」「じゃがいも」「たまねぎ」「いちご」の5種類についてグループで相談してもらったのですが、迷っているところが多かったです。
特にいちごは、クリスマスケーキにのっているイメージが強いらしく、冬と答えているグループがいくつかありました。

近くで採れない時期は、一体どうしてるんだろう・・・?

保存や移送にもエネルギーがかかっていることを知り、「のこさずに食べる!」ことの大切さを改めて感じてくれたようでした。

20170712-5
食べ物の旬を考える「食べもの探偵団」

20170712-11
メッセージ5


20170712-4


2クラス合同での実施だったのですが、積極的に発言してくれる子も多く、楽しむときと話を聞くときのメリハリもあったため、活気のある環境教室実施となりました。

温暖化や地球について興味を持ち、「自分ができること」について考え、一つでも続けていってくれるきっかけになってくれていると嬉しいなぁと思います。

ご参加、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。