ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

2013年07月

活動報告★札幌市環境プラザ

7月20日(土)、札幌市環境プラザで実施してきました。


昨年も実施していた札幌市環境プラザでの活動ですが、今年は少し形を変えての実施となります。

今年度は環境プラザの「土曜日ワークショップ」の中で、コラボ企画を4回実施予定。今回は、その第一弾です!!

共通のテーマを『グリーンコンシューマー』として、環境プラザは「エコプラマーケット」、ふせぎ隊は「エコミッケ~つながり編~」を行いました。



6db6841b.jpg




9時15分、ふせぎ隊メンバーのみなさん集合です。
環境プラザの職員の方との顔合わせ後、本日の流れの説明、お互いのゲーム内容の紹介などを行い、参加する子どもたちに今回のテーマを、どんな風に伝えていくのか確認していきました。


ふせぎ隊のゲームでは、食べ物や衣服の生産から消費、そして廃棄までの流れを絵の中から見つけていく絵さがしを行いました。



0f5e2210.jpg




環境プラザのゲームは、実際に商品を買い物しながら、環境に優しい買い物を考える内容でした。ふせぎ隊のみなさんも、買い物を体験。エプロン姿にお買い物かごが良くお似合いですね♪



実際に双方のゲームを体験する事により、子どもたちへの説明方法も工夫する事ができていたようです。



続きを読む

活動報告★七飯町立鶴野小学校

7月16日(火)、全校生徒5名の七飯町立鶴野小学校で実施してきました。(※今回はサッポロドラックストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です。)


水田に囲まれた長閑な景色の中に・・・。

薄緑色の屋根が印象的な素敵な小学校でした。


今年で開校120年になるそうですが、残念ながら今年度いっぱいで閉校になってしまうそうです。「子どもたちに、鶴野小学校でたくさんの経験をさせたいんです。」とおっしゃっていた校長先生。そこで、ふせぎ隊に声を掛けて下さったのは、とてもうれしい事でした♪

 

子どもたち全員と、校長先生をはじめ先生方にもに参加していただき、子ども2グループ、先生方1グループに分かれて各ゲームをおこなっていきました。

13219b51.jpg





今回のテーマは『水』。


水やエネルギーの大切さを感じ、自分達でできることを考えるきっかけづくりにつなげる内容のプログラムを用意していきました。


まず最初に、水は地球上の様々な場所に存在する事を知るために、絵の中のどこに水があるのか探していく「水どこゲーム」と、自分が一粒のしずくになったつもりで、水が姿を変えて地球上を巡っていることを体感する「水の旅」を行いました。


次の活動では、グループごとに世界中で起こっている8つの出来事を表す写真のパズルを完成させます。

8cf443a3.jpg





(オーストラリアのサンゴの白化、北極の夏季の氷減少、西ケニアの洪水、モンゴルの砂漠化など)

その後、それらの原因について、紙芝居を用いて話をしていきました。


 

続きを読む

活動報告★帯広市立明星小学校

帯広市明星小学校は、帯広駅からほど近い所にある70年以上の歴史がある小学校で、今回は帯広市の環境課職員のみなさん(3名)と一緒に実施しました

(※今回はサッポロドラックストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です。)

対象は5年生2クラス、合計64名の子どもたちです。

3時間目と4時間目に1クラスずつ45分間のプログラムを行いましたが、とても元気が良く一生懸命に活動に取り組んでくれる素敵な子どもたちでした。

まずは、つながり並び替えゲーム(じゃがいも海外輸入編)を行いました。

今回は海外産のじゃがいもの生産から日本への移送から消費までの各行程が描かれたイラストカードを用意。

どんなゲームなのか説明すると、うれしい事に「楽しそう♪」と言う声が子どもたちから上がっていました。

3グループに分かれて並び替え開始です。


9371b3a0.jpg






並び替えた後は、近くで収穫した場合と、遠くから運んでくる場合の移送手段とエネルギー消費量について話をして終了。

2664851b.jpg



続きを読む