ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

2015年11月

活動報告★札幌市環境プラザ&ふせぎ隊コラボ企画第三弾!

日時:2015年11月28日(土) 10時00分~15時00分
場所:札幌市環境プラザ
参加人数:19名

 今年度全4回の開催を予定している札幌市環境プラザとのコラボ企画も、早いもので第3回目の実施となりました
20151128-1
環境プラザのスタッフさんとふせぎ隊スタッフ合同で朝の打ち合わせ中です。

 天気予報では爆弾低気圧による悪天候が心配されていましたが、思ったほど荒れる事もなく、無事にイベントスタートです

20151128-2
常連の親子さんです。
  いつもお越しいただきまして、ありがとうございます!

今回は久しぶりに「エコミッケ~つながり編~」の登場です。
(児童会館や小学校の環境教室では定期的に使用しています)
ある村の様子が描かれたイラストの中から、ヒントをたよりに牛乳や野菜、豆腐や服などの「作る」→「運ぶ」→「お店で売る」→「買う」→「使う」→「使い終わったあと」の一般的な流れとエコな流れの各場面を見つけていきます。

20151128-4
1年生の男の子!
  ヒントのイラストを見ながら答えをさがしています

イラストをすべて見つけた後は、それぞれの場面では、「エネルギーや機械」「人の手間や体力」「その他」のどれをつかっているのか考えていきます。

20151128-5
できた牛乳をお店までトラックで運ぶ場面について何をつかっているのか考
  え中です!
  「ガソリンとトラックと運転する人と・・・。」たくさん答えてくれました!

今回は取り組みやすい「牛乳」をメインに行いましたが、すべての身の回りの物が手元にくるまで、そして使い終わった後には、たくさんの資源やエネルギー、そして人の手間がかかり、色々な人の思いがつまっている事を伝えていきました。
参加してくれた子どもたちにも、ちょっぴり伝わっていたようです

そして・・・。
今回はプチステージタイムもありました
参加者の多い時間帯を見て実施の予定だったため、開始時間は決めていなかったのですが、午前午後に1回ずつ行うことができました


20151128-6
プチステージタイム① 午前
  ペープサート:46億年地球の歴史

20151128-7
プチステージタイム① 午前
  地球の歴史の中で、恐竜の登場です!!

午前中は幼児連れの親子さんが多かったので「ペープサート:46億年地球の歴史」、午後からは近くのミニ児童会館の子どもたちの参加もあったので「パズルで世界の…ここが変!」を4グループ対抗で行いました。
どちらの時間帯も10名近くの方にご参加いただき、楽しい雰囲気で進んでいきました。
午前午後の両方に参加してくれた方もいました。(親子での参加も多かったです)


20151128-10
プチステージタイム② 午後
  パズルで世界の・・・ここが変!4グループに分かれて挑戦です。


20151128-9
プチステージタイム② 午後
  どのグループも協力して無事にパズルが完成!
  世界で起こっているできごとを、少しだけ知ることができました。

混雑する時間もなく、みなさんにはじっくりとゲームに取り組んでいただく事ができたコラボ企画となりました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました


次回のコラボ企画は、2月27日(土)です。
(今年度のコラボ企画はこれが最終回となります)
この時は、環境プラザとふせぎ隊双方でのステージタイムを行う予定です。
どんな内容になるのかは、お楽しみに・・・
みなさんのご来場をお待ちしています~

活動報告★知内町立湯の里小学校

日時:2015年11月5日(木) 10時45分~11時15分
場所:知内立湯の里小学校
参加人数:全校生徒11名 、先生方

今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です

湯の里小学校は昨年に引き続きの実施のため、7月と今回の2回お伺いし、その間に宿題に取り組んでいただく二本立てとしました。
廊下には宿題としてお願いしていた「もったいないをなくす取り組み」として一人ひとりが考えた内容が掲示板に貼ってあります。

20151105-1
こんな感じで貼ってありました。

20151105-2
もったいないポストに入れると・・・・。

20151105-3
掲示板に貼りだされるようです

「廊下の電気をつけたままにしない。」、
「金魚の餌をやりすぎない!!」、
「トレットペーパーをムダに多くつかわない。」、
「水道のだしっぱなしをしない。」
「雨の日もがんばって歩いて学校にくること。(先生)」など、
児童会を中心に全校生徒と先生方で取り組んでくれた様子がよくわかります
そんなうれしい気持ちの中、プログラムがスタートしました。


まずは、宿題の取り組みについて、子どもたちに聞いてみます。
少し恥ずかしそうにしながらも、それぞれにがんばって取り組んでくれた様子が伺える発表でした。
 20151105-18
「どんなもったいないを見つけたかな?」
  宿題の取り組みについて聞いていきます。


その後は、先生にもお手伝いいただいての「ペープサート:地球の歴史」の実施です。
20151105-17
地球の歴史:恐竜の誕生!!
  先生の登場に子どもたちもニッコリうれしそう


続いて、「いちばん古いものをさがせ!」を行いました。
今回は小学校の先生方の持ち物も登場!
3名の先生と小学校の中で長く大切に使っている物をご用意いいただき、定番のY隊長とS隊員の物を合わせた計6種類の中から一番古いものを当ててもらいました。
「いつからどんな風に使っているのか」それぞれの物への思いを各自プレゼンし、子どもたちが考えるヒントとします。
先生方はさすがです
楽しいながらも素敵なエピソードをたくさん話して下さいました。
先生方が用意して下さったのは・・・。

教頭先生→替え芯を使用しながら使っているペン、
A先生→子どもの頃から使っているちゃぶ台、
B先生→スキー用ゴーグル、
小学校→グラウンドなどで距離を測るウォーキングメジャー、
Y隊長→カラビナ、
S隊員→絵日記です。

20151105-7
全6品はこんな感じです。


20151105-4
ちゃぶ台!
  一つだけ大きな品に目を奪われる子どもたち。
  思い出が詰まった品です。


20151105-5
芯が詰め替えできるペン
  教頭先生の思いが語られます。


20151105-6
小学校のウォーキングメジャー
  なかなかの年代物・・・。


次に行ったのは今年度リニューアルした「風呂敷で包んでみよう」です。
ふせぎ隊の家宝という設定で用意した「初級→中級→上級→名人」の包み方に挑戦してもらいます。
グループの仲間と協力しながら進めていくのですが、全グループ共に、見事名人編まで挑戦する事ができていました。
20151105-12
グループごとに包む風呂敷を選びます。
  一番のオススメは・・・。
  目と手と鯛の絵が描かれた「めでたい!」風呂敷
  でしたが、残念ながら選ばれませんでした。


名人編のオリジナルの包み方に挑戦する場面では、ボールやトロフィー、メガフォンや大量のペンなど色々な物を工夫して包んでいました。
(大量のペンとメガフォンは教頭先生のリクエストでした)
20151105-11
たくさんのペンを包んでいます。


20151105-13
バナナに見立てたスポンジブロックを包んでいます。


20151105-14
グループごとに名人編で包んだ物を発表します!
  工夫したところなどを話してもらいました。



物事には工夫次第で色々な方法がある事を伝え「紙芝居:ハチドリのひとしずく」の読み聞かせをして終了です。
20151105-15
紙芝居:ハチドリのひとしずく


参加した子どもたちからは、
「身の回りの物を大切にして思い出が詰まった物を増やしていきたい。」
「色々な物をムダ使いしないようにしたい。」
などの感想が聞かれ、私たちの思いも伝わっていたようです
ご参加、ご協力いただきました湯の里小学校のみなさん、ありがとうございました。



活動報告★釧路市桜が丘小学校 6年生

日時:2015年10月29日(木)  ①10:45~11:30
                         ②13:25~14:10
                         ③14:15~15:00
会場:釧路市立桜が丘小学校
参加人数:①5年生48名
         ②6年生25名
         ③6年生26名

今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です

 6年生については、身近な生活と温暖化の関連を視野に「南の島体験ゲーム」をメインに行いました。
まずは、担任の先生方にもご協力いただいて、ペープサート:46億年地球の歴史を行いました。
6年生がどんな反応を示すのか少し心配しながらのスタートでしたが・・・。
子どもたちはとても楽しそうに見てくれていました。
20151029-1
恐竜の時代になり、担任の先生登場!

先生方が演じる小道具が登場する場面では、みんな笑顔
先生方にご協力をお願いしてよかったです。

長い歴史の中で地球には大きな環境の変化があったものの、そのスピードはゆっくりとした変化だったため、必ず生き残っている生き物はおり環境に合わせて進化してきたこと、産業革命以降に今までにはなかった環境の変化が起こっていることを伝えました。

その後は、温暖化の仕組みや私たちの生活とのつながりを話し、「南の島体験ゲーム」へ移りました。

このゲームはすごろくですが、水槽に入った南の島のジオラマが目玉です。
20151029-2
机の上にあるのが、南の島のジオラマ!

設定としては、参加児童は全員、この南の島の住人で様々な条件の家に住んでいます。(くじ引きで決めます)
20151029-4
どの家に住む事になったのか手を挙げて教えてもらいます。

南の島では温暖化による海面上昇が深刻な問題となっており水没の危機にあることを伝えスタートします。

しかし、すごろくのマスは海面上昇につながるものばかり。このままでは海面は上昇し続けます。
そこで、温暖化を防ぐことにつながるマスの内容を子どもたちに考えてもらい、白紙のマスに記入してもらいました。
20151029-3
「なるべく車ではなく公共の交通機関をつかう」と書いてます。
  素晴らしい

教室全体にバランスよくマスを配置して人間すごろくが始まりました。
進行とジャンケンをして進む数を決めていくのですが、さすが6年生
20151029-5
ジャンケンは、いつも盛り上がります!

温暖化を防ぐマスに止まれるよう、それぞれに工夫しているようでした。
すごろく後は、グループごとの最終的な海面の高さ分、水槽に水を入れていきます。
海面が上昇したグループもあれば、下降したグループもあります。
自分が住んでいると仮定している家が島の低い場所にあるグループからは、海面が上昇する度に[
「これは大変だ・・・。」という様子が伝わってきます。
海面上昇により水没の危機に直面したグループ、かろうじて影響を免れたグループなど様々ですが、
「水没した家、しなかった家の今後の生活はどうなるのか」
「水没しなかった家の生活は今までとは変わらないのか」
「被害を受けた人たちだけに責任があったのだろうか」
などの問いを投げかけ、一人一人に考えてもらいました。

地球という一つの星に住んでいる私たちは、色々な影響を受けあっています。
その事に気づき、少しでも自分ができる事を見つけ、行動して欲しい事を伝え終了しました。
担任の先生方に加え、とっても素敵な教頭先生、校長先生にはたくさんのご協力をいただいての実施となりました。

ご参加そしてご協力下さった、釧路市桜が丘小学校のみなさん、ありがとうございました。

活動報告★釧路市立桜が丘小学校 5年生

日時:2015年10月29日(木)  ①10:45~11:30
                         ②13:25~14:10
                         ③14:15~15:00
会場:釧路市立桜が丘小学校                     
参加人数:①5年生48名
         ②6年生25名
         ③6年生26名

今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です

ふせぎ隊としては数年ぶりとなる釧路市内の小学校での実施です。
 5年生については、流通や物の移動に関する視点から、「エコミッケ~つながり編~」をメインに行いました。
今回は全グループ共通で「牛乳編」のミッケに挑戦してもらいましたが、生産から消費、そして使い終わった後までの一般的な流れとエコな流れについて6場面ずつ合計12場面を、ある村の様子が描かれたイラストから見つけていきす。
20151029-6
さすが5年生!!次々と見つけていきます。


答え合わせの後、各場面では「①人の手間・体力」、「②エネルギー・資源・機械」、「③その他」のどれがかかっているのか、一人一人が考えていきます。
20151029-7
自分で考えてカードを挙げていきます。


グループでは、エコな流れと一般的な流れの違いについて意見を出し合いながら相談してもらいました。
20151029-8
グループの代表が相談した結果を発表してくれます。

牛乳パックでの大量生産と直売所のビン牛乳の流れの違いに着目しているグループも多く、どんな方法でも身の回りの物が手元にくるまでには、たくさんのエネルギーや人の手間がかかっていることがぼんやりと伝わっていたようです。

その後、食べ物の流通に関するクイズを行いました。
20151029-9
イチゴの旬の季節はいつかな?

20151029-10
まとめの話を真剣に聞いていますね~。

 食べ物の「旬」の話から移送距離についてや様々な保存方法についても触れ、身の回りの物を大事に使うことや食べ残しをしない大切さを伝えて終了しました。


6年生の様子は「釧路市桜が丘小学校 6年生」へつづく・・・。

活動報告★釧路市昭和児童センター

日時:2015年10月28日(水) 15:30~16:30
場所:釧路市昭和児童センター
参加人数:小学生48名(低学年38名、高学年10名)

今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です

この日は平日でしたが、小学校が休みのため、朝から学童保育の利用や一般来館で利用している、たくさんの子どもたちが参加してくれました。
 全学年混合で9グループに分かれて各ゲームの挑戦してもらったのですが、1年生が6年生に甘える姿も見られ、微笑ましい中での実施となりました

そして、今回は参加人数が多いこともあり、環境財団釧路事務所のY隊員が助っ人として参加してくれました

今回行ったのは今年度オススメプログラムの流れです。


まずは、「パズルで世界の…ここが変!」に挑戦してもらいます。
20151028-2
パズルのピースをさがして完成させます!

20151028-3
パズルの写真がどんな出来事を表しているのかキーワードを探して説明文を完成させます!

        
        
        

次に紙芝居で「温暖化について」の話を聞きます!
20151028-1
少し難しい話もありましたが・・・みんな真剣に聞いていますね!

        
        
        

そして、メインの「よりどりみどりクイズラリー」に挑戦です
20151028-4
釧路のY隊員もクイズのポイントで大活躍です


20151028-5
グループごとにある電化製品の替わりの方法を相談中・・・。


20151028-6
移送距離の長い果物で作ったケーキはどっちかな?
  ケーキ、美味しそうだなぁ・・・。

20151028-7
とてもまとまりのあるグループですね!
  しっかりと話し合いができていました。

パズルもさることながら、やはり「クイズラリー」は盛り上がりますね

グループの特徴がよく見える活動なので、毎回、子どもたちの取り組みが楽しみなプログラムの一つです。
みんなで協力しながらポイントを探し答えを考えていくグループ、
早く次へ進みたい子が多く仲間がバラバラになってしまうグループ、
色々な子どもたちの姿が見られましたが、児童センターの先生方にご協力いただいたおかげで、どのグループも制限時間いっぱいまで、意見を出し合いながら各クイズの答えを考えていく姿が見られていました。


電化製品の替わりの方法を考えるクイズでは、いつもとは少し違うアイディアがいくつかありました。
20151028-8
今回は、いくつかのグループに替わりの方法を発表してもらいました。
  
『パソコン→実際にその場所に行ってみる(インターネットで調べるのではなく自分の目で見て調べてみる)』、
『電話→歩いて話したい人の家へへ行く』、
『すいはんき→かまでごはんを炊く』、
『せんたくき→板をつかって手洗いする』など、よく考えたななぁと大人が関心するような答えも見られました。

 クイズラリーでは、隊長に「答えを教えてよ~。」と何度もおねだりする子もおり、子どもらしい姿がたくさん見られた可愛い子どもたちとの楽しいプログラム実施となりました

年齢層の幅が広い実施となりましたが、「温暖化ってどういうことかな?」、それらが一因となって「世界ではどんな事が起こっているのかな?」、「一人ひとりが地球のためにできることってどんなことかな?」という事が少しで伝わってくれているとうれしいなぁと思いながら、今回の実施を終えました。

ご参加、ご協力いただいた釧路市昭和児童センターのみなさん、ありがとうございました