ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

2015年12月

活動報告★旭川市立東栄小学校

日時:2015年12月15日(火)  
    ①10時45分~12時20分 ②12時45分~15時20分
場所:旭川市立東栄小学校
参加人数:5年生児童 ①26名 ②29名

今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です

旭川市の小学校では初めてとなる環境教室実施です。
実施したプログラムは「ペープサート:46億年地球の歴史」、「パズルで世界のここが変!」、「紙芝居:温暖化について」、「よりどりみどりクイズラリー」です。

 ペープサート「地球の歴史」では、今回も先生方にご協力いただいての実施となりました。

毎回、どんな演出をしてくださるのか楽しみです
ありがたいことに、先生方はいつも快く引き受けて下さいます。

20151215-1
BGMが流れ、子どもたちが集中すると、ストーリーがはじまります。

高学年の子どもたちの反応は気になるところですが・・・。
そんな心配をよそに、隕石や恐竜の登場などの道具を持った担任の先生が登場する度に、みんなうれしそう子どもたちの顔が一気に笑顔に変わりました

20151215-9
先生の演出による恐竜登場


その後の「パズルで世界のここが変!」では、久しぶりにフルセットとなる12種類を使いました。

20151215-2
パズルの完成は、早かったですね!
さすが5年生です


6グループでの挑戦のため、各グループは2種類完成させると終了です。
あっという間にパズルが完成し、他のグループではどんなパズルに挑戦したのか紹介しながら、世界で起こっているできごとを確認していきました。

20151215-3
シロクマは何を食べるのかな?

今回は高学年のため、質問形式で紹介していったのですが、子どもたちは、想像を膨らませながら一生懸命に考えて答えていました。(ところどころ、先生も助け舟を出してくれました!)

温暖化が原因の一因でないかと言われている世界の事象について知ったところで、温暖化はどういうものなのかイラストを使って説明していきました。

休憩後、今回のメインゲーム「よりどりみどりクイズラリー」を行いました。
さすが高学年です
低学年中心の時にはスタッフがついて補足説明が必要な設問も、今回はグループで協力しながら自分達で進めていっていました。(ほとんど、質問はでなかったです)
20151215-6
もったいないところは、どこかな~?

20151215-5
10秒間、水道の水を出しっぱなしにすると・・・。

20151215-4
この棚には色々なクイズの道具が隠されているなぁ。

20151215-8
この電化製品の替わりの方法はなんだろう??


答え合わせでは、「エコミッケ」の「もったいない」箇所について「理由」も添えて発表してもらいました。
内容は事前にグループで相談してもらったのですが、どのグループもとてもしっかりした発表でした。素晴らしかったです 
20151215-7
グループの代表者がイラストの中から見つけた「もったいない」を発表しています。理由もしっかり言えて、素晴らしい発表です!

どちらのクラスも楽しい雰囲気で進んでいきましたが、「今地球で起こっていること」や「地球を守るために自分ができること」が伝わっているとうれしいなぁと思います。

感想を発表してくれた児童の中には「日頃の生活の中でしていることが温暖化を防ぐことにつながっているということがわかりました」と発表してくれた子もいました

久しぶりの高学年へ向けて の充実した実施となりました。 

ご参加、そしてご協力いただきました旭川市立東栄小学校のみなさん、ありがとうございました。


活動報告★千歳市こども環境教室

日時:2015年12月2日(水) 15時30分~16時30分
場所:ちとせっこ児童館 (ちとせっこセンター内)
参加人数:35名

  千歳市こども環境教室として、「ちとせっこ児童館」で学童保育を利用している子どもたちとランドセル来館の子どもたちを対象に1時間のプログラムを実施してきました。
ちとせっこセンターは「児童館」「学童クラブ」「保育園」「子育て支援センター」が一緒になった、とても素敵な複合施設でした。
  
この日は通常通り学校があるため、プログラムの準備をしていると、たくさんの子どもたちが賑やかに下校してくる様子が伝わってきました。(施設内が急に賑やかになりました)
どんな子どもたちに合えるのか楽しみにしながら準備を進めていきました

15時半、子どもたちが集合し、千歳市の方の挨拶の後、ふせぎ隊のプログラムスタートです。
まずは、「パズルで世界の…ここが変!」です。

20151202-1
パズルのピースをさがしています!

参加してくれたのは高学年数名を含む低学年中心の子どもたち35名です。
8グループに分かれての実施でしたが、どのグループも仲間で協力しながら、無事に完成していました。

その後、メインの「よりどりみどりクイズラリー」を行いました。

全9問のこのクイズラリー
低学年中心のため、質問の内容を読み解くのに苦労した問題もあったようですが、ヒントを読み返したり、スタッフに聞いたりしながら、子どもたち同士で工夫してがんばっていたようです。

そして、今回はクイズの内容を少し変えて実施しました。
何を変えたかというと・・・。
今年度、児童会館や小学校で「古いものをさがせ!」というタイトルで行っていたプログラムをクイ ズの問題にしてみました。

20151202-3
品物と紹介文をよ~く見てますね。

品物と紹介文を見て、どの品が一番古いのか考えていきます
『Y隊長→カラビナ』、『児童館→こま台』、『学童→小さなテーブル』、『S隊員→えにっき』ですが、短いもので7年、長いもの で30年以上大切に使っているものばかりです。
答え合わせでは、長く大切に使っているものだからこそある、それぞれの物への「思い」や「エピソード」を伝えました。子どもたちに、物を大切にする気持ちが伝わっているとうれしいなぁと思います。


20151202-4
水を10秒間出しっぱなしにすると・・・。


20151202-8
これは問題が書かれたノートなのですが、見つけるまでに一苦労です。


20151202-5
電化製品の替わりの方法を考えていきます。
「ドライヤー」にしようかな?それとも「そうじき」にしようかな?


20151202-6
このグループはどうやら「そうじき」にしたようです。
「ほうきとちりとりと雑巾をつかえば、そうじできるよね~」と相談していました。

かわいい意見としては、『せんたくき→川の水でごしごし洗う』というのもありました
みんなよく考えていますね。

20151202-7
答え合わせをしています!

すべての問題に挑戦する事ができなかったグループもありましたが、それでも解答の時には、正解すると大きな歓声があがっていました。

クイズラリーは色々な内容を組み合わせしやすいプログラムなので、今後も、年齢層や伝えたいメッセージによって少しずつ変更しながら使っていきたいと考えています。
最後に、参加してくれた子どもたちが感想文を書いてくれました。
低学年中心の参加だったので、うまくメッセージが伝わったのか心配していましたが、これを読むと、なんとか伝わっていたようでホッと一安心して終了しました。

ご参加・ご協力いただいた、ちとせっこ児童館のみなさん、ありがとうございました。