ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

2017年01月

みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊(冬)in滝野の森 参加申込スタート!!

9月に夏プログラムを実施した「みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊in滝野の森」の冬プログラムの申し込みが開始しました
今年は例年にない大雪に見舞われていますが、真っ白な銀世界の滝野の森で楽しい一日を過ごしませんか?
冬プログラムの目玉は、夏に割った薪をエネルギーとしてドラム缶でお湯を沸かし、雪の中に足湯を作っちゃいますー
他にも冬ならではのあたたかく過ごす工夫や楽しみ方など、いくつかの体験をご用意しています。
親子で北海道の冬を満喫しちゃいましょう
みなさんのご参加をお待ちしております


実施日時:2017年2月26日(日) 10:30~14:00

実施会場:国営滝野すずらん丘陵公園 滝野の森東エリア 
         (札幌市南区滝野247番地)
         ※集合は滝野の森東エリア「森の交流館」です。

参  加  費:無料
         ※但し、駐車場代は各自ご負担ください(普通車410円)
           入園料は冬季無料です。

参加対象:小学生以上親子15組 (兄弟の幼児は参加可)
         
申し込み:1月16日(月)より専用フォームにて受付開始しています。

         【申込サイトURL】
         http://www.heco.-spc.or.jp/husegitai/form.html

         20170120-3

申し込み後の流れ:お申込いただいた方には、受付完了のメールを
               お送りしますので、ご確認ください。
               詳細については、後日改めてお送りします。



     

【チラシおもて】

20170120-1


【チラシうら】

20170120-2







冬休み中の環境教室が終わりました!!

みなさん、こんにちは
久しぶりのブログ更新です

2017年がはじまったばかりですが、気がつけば、1月も後半ですね。
小中学校の冬休みも終わり、3学期がはじまりました。
冬休み中は、児童会館や学童保育所にお伺いして、数件の環境教室を実施したので、その様子を一気にご紹介します。


1月12日(木)江別市のあかしや児童会と東野幌青少年会館、大麻西小ミニ児童会館の3施設で、13日(金)は帯広市栄児童保育センター、14日(土)は由仁町放課後児童対策の会で環境教室を実施しました

基本のプログラム内容は「パネルシアター46億年地球の歴史」、「パズルで世界のここが変!」、「温暖化についての話」、「エコミッケ~冬の生活編~」、「紙芝居:ハチドリのひとしずく」です。

パネルシアターでは恒例となった先生方のお手伝いも個性が光ります!!

素晴らしい演出に、子どもたちも目を輝かせて見ていました

たくさんのご協力をいただきまして、ありがとうございました

各実施の様子はこちらから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1月12日(木)あかしや児童会・・・小学生児童:16名

(パネルシアターは幼稚園児14名も一緒に参加)

学童保育に登録している小学1年~3年生までの子どもたちを対象に1時間のプログラムを実施しました。最初のブラックパネルシアターは小学生だけでなく、冬休み中の預かり保育を利用している幼稚園児も参加しました。

つぶらな瞳で見入ってくれていたのが印象的でした

20170112-a1

前の方に座っているのが、幼稚園児のみなさんです。

きちんと正座しているのが、かわいいですね。


20170112-a10
エコミッケに挑戦中です。



1月12日(木)東野幌青少年会館・・・小学生児童:11名

一般来館児童を対象に1時間のプログラムを実施しました。

事前に参加申し込みをしてくれていた子どもたちが集合するのを待ってからのプログラム開始となりました。

高学年が多かったので落ち着いた雰囲気でしたが、先生方の明るい雰囲気に引っ張れて、後半は子どもたちの意見も飛び出していました。


20170112-h3

ブラックパネルシアター「46億年地球の歴史」では、先生が小道具出しのお手伝いをしてくれました


20170112-h7

エコミッケの答え合わせです。



1月12日(木)大麻西小ミニ児童会館・・・小学生児童4名

冬休み中の夕方近くの時間だったため、参加者が少なかったのですが、先生方が積極的に発言してくれたことで、少ないながらも楽しい雰囲気でメッセージを伝えることができました。



1月13日(金)帯広市栄児童保育センター・・・小学生①29名、②25名

学童保育に登録している子どもたち合計54名を対象に1時間のプログラムを2回実施しました。参加者が多いので、半数ずつに分けて実施したのですが、どちらのグループも、とても一生懸命に取り組む子が多く、活発な意見がたくさん聞かれました。


20170113-9

エコミッケです。どのグループもメンバーで協力しながら「もったいない」を見つけていました。


20170113-8
帯広市のKさんが地球に扮して登場してくれました。

ありがとうございました。



1月14日(土)由仁町放課後児童対策の会・・・小学生24名 他2名

学童保育に登録している子どもたちを中心に60分のプログラムを実施しました。

日頃の自分の生活を振り返りながら、何気なくしている「もったいない」を正直に答えてくれる子が多く、それぞれが「もったいないこと」に気づくきっかけになっていたのではないかと思います。

20170114-1
みんな真剣に聞いてくれています


20170114-7

今、地球ではどんなことが起こっているの?

こんな小道具を使ってお話します。


20170114-8
最後は紙芝居「ハチドリのひとしずく」の読み聞かせで終了です。



今年度の屋内の環境教室は、これで終了となります。あとは、屋外プログラムの冬バージョンを4件残すのみとなりました。

 

2016年度、環境教室にご参加いただいたみなさん、ありがとうございました

地球が誕生してから今までの歴史や今の地球で起こっている少し困ったできごと、その原因の一つではないかと言われている温暖化のしくみを知ることで、一人ひとりができることを見つけるきっかけになる活動をしました。


今回の「気づき」が、それぞれの施設や家庭で継続的な取り組みをしていくことにつなげていってくれることを期待したいです

ご参加、ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。