ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

2017年02月

活動報告★みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊(冬)in滝野の森

実施日:2017年2月26日(日)  10:30~14:30
実施会場:国営滝野すずらん丘陵公園 滝野の森エリア 東ゾーン
主   催:SPAC滝野管理センター、公益財団法人北海道環境財団
実施団体:SPAC滝野管理センター、公益財団法人北海道環境財団、NPO]法人ezorock
参加者数:親子3組(大人4名、子ども5名)


今回は、(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です


自然豊かな滝野の森で実施するおもしろ冒険隊冬バージョンが無事に終了しました
天気は一日雪模様だったものの、お集まりいただいた3組9名の親子のみなさんは、元気いっぱい活動を楽しんでいました。

20170226-1
参加者のみなさん集合!(受付の様子)

20170226-2
開会式

午前中は親子で分かれての活動です。
保護者4名の大人チームは足湯の設置から火付けの練習など、子どもたちをあっと言わせることができうように準備や練習に励みました。


20170226-4
大人は足湯の桶、子どもは足湯用の水を運びます。

20170226-29
なんとも微笑ましい光景です

20170226-5
大人は足湯コーナーの準備を頑張ります。

20170226-12

20170226-13

20170226-14
火付けにも挑戦


その間。子どもたちはお湯を沸かすための薪割りや足湯用の水運び、そして森の散策をしながらの枯れ木探しを楽しみます。


20170226-6

20170226-7

20170226-8

20170226-9
色々な方法での薪割りに挑戦しました。

20170226-10
お湯を沸かしている火番の「がっちゃん」のところへ薪を運びます。

20170226-11
こんな風にお湯を沸かしています。

枯れ木はお湯を沸かす時に使うのですが、生きている木と死んでいる木の見分け方やどうして枯れ木は燃えやすいのかということを樹木医テツ君から教えてもらいながら、見つけていきました。

20170226-15

20170226-17

20170226-23

20170226-18

20170226-19

森の中はフカフカの雪がたくさん積もっており、少々転んでも痛くありません。力いっぱい雪山を登ったり、下りは大はしゃぎで尻滑りしたり(転がっている子もいました)3歳から9歳までの子どもたちが協力して冒険を楽しんでいました。かなり急な斜面もみんなで助け合いながら登っていただけに、満足度も高かったようです。(3歳の子もみんなに助けられながら登りきりました!)

20170226-20

20170226-21

20170226-22

20170226-16

いろいろな場面で自分より小さな3歳の子に手を差し伸べる姿にホロリとしながら、子どもたちの冒険を見守っていたのですが、保護者のみなさんも冒険を追えた子どもたちを優しい笑顔で迎えてくれました。


20170226-24
長い枯れ枝をのこぎりで短く切ります。

20170226-25
両側にあるのが、子どもたちがひろってきた枯れ枝です。

20170226-26
沸かしたお湯が温かくなってきたので、触ってみます。
「あったか~い

お昼ごはんの時間には、別々に活動していた間の楽しかったことや苦労したことを伝え合う姿も見られ、親子別々の活動を行なう良さが感じられました。(大人チームは火付けに苦労したようです)
20170226-27

20170226-28
いい笑顔

午後からは、子どもも大人も力を合わせて、みんなで用意した足湯体験の時間です。
もう少しだけ遊びたかった子どもたちは、何度か尻滑りを楽しんでから、あったか~い足湯を体験しました。

20170226-30
お昼ごはんの後、親子でも楽しそうに遊んでいます。
20170226-31
森の中での尻滑り
20170226-32
滝野の森のスタッフのお姉さんと雪だるまも作りました。

いよいよ、足湯体験です

20170226-33
足湯に入る準備中!裸足になると、かなり寒いです・・・。

雪まみれになって冷えた顔や手はミニペットボトルの湯たんぽを使って温めます。
温かくなった子どもたちの表情は・・・とっても幸せそう。
足湯からは、もくもく湯気が出ています。
汗だくになるまで遊んだ子どもたちの頭からも・・・もくもく湯気が出ていました

20170226-34

20170226-35
お湯が冷めてきたら注し湯をします。
「みんな足を上げて~!!」

20170226-36
なんとも気持ち良さそうな表情です


しばらく足湯を楽しんだ後は、大人代表としてお父さんに火付けを披露していただきました。

20170226-37

煙は出るものの、なかなか火がつかず苦戦。
子どもたちも声援を送ります。

20170226-38
しばらくすると、火がつきました

20170226-39
お見事です

20170226-40
子どもたちからも歓声が・・・
湯気の向こうでは、みんなキラキラした顔で拍手しています。

代表のお父さん、素晴らしいパフォーマンスでした。
ありがとうございました


今年度の滝野の森でのおもしろ探検隊は、これて終了となります。
どちらも一般公募での申し込みだったので参加者は少なめだったものの、夏・冬両方のプログラムに参加いただいた方もおり、大変嬉しい再会となりました。

今回は、親子で体験いただくからこそできる内容、そして伝えられるメッセージを盛り込んだプログラムとなりました。
楽しい思い出と共に、時折、今回の事を思い出してくれると嬉しいなぁと思います。

私共スタッフにとっても大変貴重な経験となりました。

またの機会に、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています

ご参加・ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました






活動報告★みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊(冬)in石狩創作の家~北郷児童会館~その2


実施日:2017年2月18日(土)  8:45~16:00
実施場所:石狩市美登位創作の家、はるきちオーガニックファーム
参加者数:札幌市北郷児童会館 小学校1年生~6年生 35名
主な体験活動:ミッション1 風から秘湯を守り隊         
            ミッション2 ひみつの森のあったかお届け隊!
            ミッション3 はるきち畑の夏の思い出をさがせ!
            ミッション4 はるきち畑の冬野菜トレジャー 


今回は(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です


「みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊in石狩創作の家~北郷児童会館~」のつづきです。


雪だるまを完成させると、午後から使える「おたのしみチケット」が入った宝箱がもらえます
20170218-46

20170218-47

20170218-48


お楽しみチケットで体験できるのは、「足湯」、「宝さがし」、「ひみつの森のスノーバトル」もしくは「ひみつの森の手術室~冬の木の不思議~」です。
お弁当を食べたあと、どこのコーナーから体験するのか、グループで相談して挑戦開始です。
20170218-49

20170218-50



午前中にがんばって準備をした「足湯」は一番人気
足を入れた瞬間、温かくて幸せいっぱいの笑顔が広がっていました。
20170218-51

20170218-52

20170218-53

20170218-54


「宝さがし」では、あるヒントをたよりに雪の中に隠れている宝物をさがします
20170218-56


「ひみつの森のスノーバトル」では、そりリレーをしました。
ジグザグゾーンやコブゾーンに苦戦している場面では、そりを引っ張る人も、乗っている人も、応援している人も、大盛り上がり
それぞれに力が入り、終わったあとには体がポカポカしていました。
20170218-57

20170218-58


「ひみつの森の手術室~冬の木の不思議~」も人気でした
手術室というネーミングに子どもたちは惹かれたようです。
冬の森の中に落ちている枝から冬芽を探し、中は一体どうなっているのか見てみます。
春を迎える準備がしっかりとできていることに感動します。
20170218-59

20170218-60

20170218-61


あっという間に楽しい時間は過ぎ、おたのしみ体験は終了
帰る時間が近づいてきました。
トイレを済ませて身支度が整ったグループは、一日楽しく過ごしたメンバーとメッセージの交換をします。
20170218-69


14:45
全員荷物を持って整列。
それぞれに楽しい思い出ができたようですが、グループリーダーが代表で感想を発表してくれました。
どのグループのリーダーも、みんなのことを考え、優しく接している姿が印象的で、本当にがんばっていました。

:「今回の活動を通して、グループでいると一人よりも、もっと楽しいと感じました。そして、木や自然のこともいっぱい知ることができたので、これから中学生になってもこの活動を生かしていきたいと思います。この活動に参加してよかったです。」

一日リーダーとしてがんばってくれたみなさん、おつかれさまでした
20170218-63

20170218-62

20170218-64

15:00
バス出発
いよいよお別れの時間です。
20170218-65

20170218-66

20170218-67

バスが見えなくなるまで、スタッフ一同ずっと手を振り続けました。



楽しかった思いでとともに・・・。
時々、各コーナーのスタッフが伝えたメッセージを思い出してくれると嬉しいです
ご参加・ご協力いただきました北郷児童会館のみなさん、ありがとうございました


20170218-68










おまけ・・・ キラキラ笑顔特集

20170218-10

20170218-8

20170218-9

20170218-24

20170218-25

20170218-26

おしまい
























活動報告★みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊(冬)in石狩創作の家~北郷児童会館~


実施日:2017年2月18日(土)  8:45~16:00
実施場所:石狩市美登位創作の家、はるきちオーガニックファーム
参加者数:札幌市北郷児童会館 小学校1年生~6年生 35名
主な体験活動:ミッション1 風から秘湯を守り隊         
            ミッション2 ひみつの森のあったかお届け隊!
            ミッション3 はるきち畑の夏の思い出をさがせ!
            ミッション4 はるきち畑の冬野菜トレジャー 


今回は(株)サッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です


夏に実施した「メラメラ冒険隊」と秋に実施した「おもしろ探検隊」に続いて、冬の「おもしろ探検隊」がスタートしました


今回参加してくれた札幌市北郷児童会館の子どもたちは、7月のメラメラ冒険隊に参加した高学年15名が「みて!ふれて!発見隊」という名称で継続的にクラブ活動を行いながら、当日にグループリーダーの役割を担うための準備をしてきました。
リーダーの役割として必要なことについて、事前に意見を出し合ったところ、「優しくする」、「わかりやすく説明する」、「困っている人を助ける」、「みんなをまとめるように行動する」、「みんなと同じ目線になって考える」、「自分のグループだけでなく、他のグループでも困っている人がいる時は助ける、そして、他のグループとも協力しながら全部のグループをまとめていく気持ちを持つ」など、大人顔負けの素晴らしい意見が出ていました。
当日はグループをまとめるために奮闘する子どもたちの姿が微笑ま しい実施となりました。


20170201
クラブ活動の様子 女の子ばかりなので賑やかです
 (2017年2月1日)

20170218-2

20170218-1
事前説明会の様子 (2017年2月8日)

参加児童全員に向けた事前説明会では、各グループのリーダーとして活躍する他、あたたかい工夫についても説明してくれました。



当日の様子はこちらから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前日の会場設営を終える頃には、暴風雪警報も出始め、実施できるかどうかギリギリの状況・・・。
最終判断は当日の朝となりました。
しかし、子どもたちが到着する頃には、吹雪模様だった天気も徐々に回復。
青空が見え始めた後は、一日中、太陽の陽ざしが降り注ぐ中での実施となりました


10:00
バスに乗って子どもたちが元気に到着です
20170218-4

20170218-5

20170218-6
オープニングの様子 


陽ざしはあるものの気温が低い日だったため、活動の合間に屋内で体を暖めたり、リーダーの子どもたちが開発したダンスをするなど、体が冷えない工夫をしながら進めていきました。
20170218-23
 「恋ダンスの北郷オリジナルバージョン」で体を動かして寒さを吹き飛ばします


午前中は創作の家エリアとはるきちファームエリアに分かれて、グループ単位で、それぞれのエリアで一つずづのミッションに挑戦していきました。


ミッション1:風から秘湯をまもり隊  (創作の家エリア)
ひみつの森に出現した秘湯を囲むように雪壁を作っていきます
みんなで協力して、立派な雪壁が完成し、寒さから身を守る工夫を体験しました。
20170218-11

20170218-12

20170218-13

20170218-14


ミッション2:ひみつの森のあったかお届け隊! (創作の家エリア)
秘湯で使うお湯を沸かすために、水や薪をみんなで運びます。
水はバケツリレーで、薪はそりに乗せて、たくさん運びました。
薪をエネルギーとしてドラム缶で沸かしているお湯に触れてみることで、冷たかった水が少しずつ温かいお湯に替わっていくことがわかりました。
20170218-16

20170218-17

20170218-15

20170218-19

20170218-20

20170218-18

20170218-21

20170218-22



創作の家エリアとはるきちオーガニックファームエリアの間はバスで移動します
20170218-27

20170218-35


ミッション3:はるきち畑の夏の思い出をさがせ! (はるきちオーガニック不アームエリア)
夏のおもしろ探検隊で用意した薪と井戸が雪の中に埋まってしまいました。
雪を掘って薪を探し出します。
井戸も掘り出し水を出してみました。(無事に水が出ました)
北国に住む昔の人は、同じように生活していたんでしょうね。
蛇口をひねると水が出るって、便利なことですね。
20170218-29

20170218-30

20170218-31

20170218-32

20170218-33

20170218-34


ミッション4:はるきち畑の冬野菜トレジャー (はるきちオーガニックファームエリア)
昔から生活の知恵として行われている越冬野菜の収穫体験をしました。
食品の保存方法は色々ありますが、その中の一つが雪の下に保存するということ。
雪の下に保存すると、どうして美味しくなるのか・・・そのヒミツも聞きました。
昔の人ってすごいですね~。
20170218-36

20170218-37

20170218-38

20170218-39
掘った穴に・・・。上手に入ってますね~。
20170218-40

以上、4つのミッションから2つのミッションを選んで、グループごとに挑戦していきました。

ミッション終了後は「のっぺらぼうの雪だるま」につける目や鼻、口や手などのパーツがグループごとに全部で2つもらえます。にんじんやじゃがいも、木の枝や木の円盤など色々なパーツがありますが、つける場所は自由です。
全グループで一つの大きな雪だるまを完成させるので、グループでつける場所を相談し、みんなで協力して可愛い雪だるまを完成させました

20170218-41
のっぺらぼうの雪だるま
20170218-42

20170218-43

20170218-44
みんなで協力して・・・。
20170218-45
可愛い雪だるまが完成
雪だるま完成後は、おたのしみが待っています・・・



続きは「みて!ふれて!ひみつの森でのおもしろ探検隊(冬)in石狩創作の家~北郷児童会館~その2」へつづく・・・。