ちきゅうおんだんかふせぎ隊 隊員ふんとう記

北海道環境財団が実施する環境教育事業「地球温暖化ふせぎ隊」の活動の様子をご紹介しています。

体験教室での出来事

活動報告★札幌市立福移小学校

◆ 11月18日(火) 13:30~14:15  ◆
✩参加者:4年生児童・・・19名 保護者と兄弟・・・27名 ✩

※今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です。


 以前、札幌市環境プラザのコラボ企画に家族でご参加いただいた保護者様より、PTA主催の学年親子レクリエーションでの共同実施についてご相談いただきました。


その後、福移小学校4年生PTA役員の方々と実施に向けて打ち合わせを行い、準備を進めてきました。


保護者の皆さまの言葉で、子どもたちに色々なメッセージを伝えていただきたいと思い、メインの進行は保護者スタッフの皆様にお願いしました。


当日は、保護者スタッフの皆様も、「ふせぎ隊エプロン」をつけていただき、準備万端!!

50b8197c.jpg








4年生児童5グループ、兄弟児童2グループ、保護者の皆さまは4グループに分かれていただき、プログラムスタートです。


保護者スタッフの進行によりふせぎ隊を紹介いただくと、児童の代表が私たちにメッセージを用意してくれていました。


「今回の環境教室を楽しみにしていたこと」、「ここで学んだ事を、これから校外学習で行く予定のゴミ処理場見学に役立てたいこと」などを話してくれました。


一生懸命に考えてくれた言葉はとてもうれしいものですね。


温かい気持ちになりながら、最初のゲーム『エコミッケ~つながり編~』の開始です。


21cdb265.jpg







保護者スタッフのみなさんが相談しながら考えて下さった進行には、子どもたちが取り組みやすい工夫がされていました。


加えて、子どもたちの学校生活をよく知る保護者の皆様だからこそできる説明も交えて下さっていました。


私たちの進行と違う方法を見る事ができ大変勉強になりました♪


60649df0.jpg






親子で参加のため、乳幼児さんも小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんの膝に座って一緒にエコミッケに挑戦してくれていました。


なんとも微笑ましい光景です。


牛乳が生産されてから私たちの手元にくるまで、そして使い終わった後までの各場面には、たくさんのエネルギーや人の手間などがかかっていることが子どもたちにも伝わっていたようです。





続きを読む

活動報告★大樹町学童保育所

◆ 11月10日(月) 13:30~14:30 ◆
※今回はサッポロドラッグストアーさまのご寄付を活用させていただいての実施です。

帯広から車で1時間半程の場所にある大樹町へ行ってきました。
今回参加してくれたのは、29名の1年生~5年生までえの学童保育所に通う子どもたち♪
この日は、学習発表会の振替休日のため、学校がお休みでした。
会場に到着すると、元気いっぱいの子どもたちが「こんにちはー!!」と可愛い挨拶で迎えてくれました。

準備を済ませて待っていると、グループごとに並んだ子どもたちが入場してきます。
全部で6グループの子どもたちが整列し、プログラムスタートです。

439fc851.jpg







今回は、ふせぎ隊イチオシのプログラム、「エコミッケ~つながり編(牛乳)~」と「つながり並び替えゲーム(牛乳)」「紙芝居:ハチドリのひとしずく」の流れで行いました。ただ、低学年が中心のため、少し簡単な内容に変更して実施しました。 まずは「エコミッケ~つながり編(牛乳)~」を行います。 ある村の様子が描かれたイラストの中からヒントの絵をたよりに「牛乳」の生産から「使い終わったあと」までの過程の各場面を見つけていきます。

bb71a875.jpg







早く見つける事ができるグループ、ゆっくりのグループ、それぞれにグループで協力しながら見つけていました。
高学年女子が中心となっているグループでは、低学年の子どもたちが探しやすいように、みんなにイラストを見せながら優しく声を掛けている、なんとも微笑ましい姿も見られました。

答え合わせ後は、それぞれの過程では「機械」や「エネルギー」、「人の手間」や「体力」など、どんなものがかかっているのか、個人で考えていきます。

4092be8c.jpg







子どもたち一人一人が一生懸命に考えている様子が伝わってきました。

続きを読む

活動報告★札幌市青少年科学館「環境科学展」

◆10月26日(日) 9:30~16:00   2階 特別展示室 ◆

 青少年科学館は昨年5月から約1年間の耐震工事で休館していたので、昨年はこのイベントもお休みだったのですが、今年4月から施設も公開を再開し、このイベント「環境科学展」も2年ぶりに行われました。

このイベントは、数々のふせぎ隊の参加してきた活動の中でも参加者数がトップレベルで、イベントスペースへの来訪者は1日に1000人を超えるとの話も・・・。
企業や行政、民間団体20主体ほどのブースが会場にところ狭しとブースを構え、それぞれ多種多様な「環境」をキーワードにした活動を来訪者に提供していました。

我らがふせぎ隊ブースでは、『パズルで世界の・・・ここが変!!』、『エコミッケ~冬の生活編~』、「電気な人は誰?』、『冬エコかるた』を用意して、みなさまのご来場をお待ちしていました。



0415eb80.jpg


続きを読む

活動報告★札幌市環境プラザコラボ企画第4弾!!

◆10月25日(土)  10:00~15:00 ◆

早いもので札幌市環境プラザとのコラボ企画も4回目です。

今回の共通テーマは「水」です。環境プラザは「水のカードゲーム」、ふせぎ隊はメンバーのみなさんにお手伝いいただきながら製作した新ゲーム「ポタル星の水物語」を中心に行いました。(他には、「風呂敷で包んでみよう」と「冬エコかるた」の二つを行いました)

新ゲームの目玉は、地球に良く似た環境の星「ポタル星のストーリー」と手作りの島を配置した「水槽」です。

949be74e.jpg








「水槽」は、ふせぎ隊メンバーのF隊員の力作で、随所にアイディアが光っています☆


2f3bfa5f.jpg







今回のゲーム「ポタル星の水物語」は、地球に良く似た環境の星で起こる架空のストーリーを元にゲームを展開します。
ストーリーを紙芝居で読み聞かせし、参加者にポタル星の世界に入り込んでもらいスタートします。
※ストーリー:これからみんなはポタル星の住人です。この星は、地球に似た環境で、水も空気もあります。そして地球と同じように色々な機械を使用して生活をしています。ただ、地球と違ってこれらの機械を動かすのに必要な物は「ポタル」です。このポタルを使いすぎちゃうと・・・星の氷は溶け、海面は上がってしまいます。すでに低いところにある村は海の中に沈んでしまいました。みんなに与えられた使命は、ポタルを使いすぎないようにして、水位を下げ、海に沈んだ村を救出する事です!

その後、カードゲームでポタルを使いすぎない行動を考えてもらい、参加者全員で協力しながら、カルピス海の水位を下げていきます。そのため、水槽には本物の水を抜いたり入れたりして、海面を上下させました。

続きを読む

活動報告★士別市あけぼの子どもセンター

◆ 10月20日(月) 13:00~14:00      参加人数:54名(1~4年生) ◆


※今回はサッポロドラッグストアーさまの寄付金をご活用させていただいての実施です。

 士別市の中心部にある、あけぼの子どもセンターは2年前にできたという新しい施設でした。
市内の小学生から高校生までの子どもたちで構成する「子ども建設委員会」が施設の概要や運営方法を検討し、子どもたちの意見を随所に取り入れた施設が完成したそうです。
そのため、木材をふんだんに使用した館内は、子どもたちが楽しく、そして利用しやすい工夫で溢れていました。


今回参加してくれたのは、学習発表会の淵替休日で朝から学童保育を利用している子どもたちです。
参加人数が多いため、ゲーム体験は児童を大きく二つのグループに分け、2ヶ所の部屋を利用して実施しました。


 まずは、体育館に全員集合です。


5a52a9d0.jpg







そこで、本日のプログラムの流れなどを話し、ゲーム体験を開始しました。

今回実施したのは、今一番オススメのプログラム編成「つながり並び替えゲーム~牛乳編~」と「エコミッケ~つながり牛乳編~」です。
全体を大きく二つのグループに分け、体育館では「つながり並び替えゲーム」多目的室では「エコミッケ」を行いました。
一つのゲームを体験した後は、子どもたちに部屋を移動してもらい、もう一つのゲームを体験してもらいます。


まずは、つながり並び替えゲームの様子です。
背中にイラストを貼っていきます!!

f8c4581e.jpg







低学年には少し難しかったようですが、3~4年生が中心になって並び替えていきます。

0f817343.jpg







続きを読む